ナヌカザメ

ナヌカザメの生物写真

体長1m前後になる。ずんぐりして褐色の斑紋が全身に散らばり、鞍掛状の濃い褐色の横縞がある。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱軟骨魚綱板鰓亜綱サメ区ネズミザメ上目メジロザメ目トラザメ科ナヌカザメ属
外国名
Blotchy swell shark
学名
Cephaloscyllium umbratile Jordan and Fowler, 1903
漢字・由来
漢字 七日鮫
由来・語源 和歌山県での呼び名。由来などは不明。
地方名・市場名
ネコ/三重県志摩市
ネコザメ/三重県志摩市
オオセ、グニヤブカ、トラ、トラブカ、ネコ、ネコブカ。

概要 ▽

生息域

海水魚。北海道南部以南〜東シナ海。台湾、ニュージーランド。
水深18メートル〜220メートル。

生態

水や空気を吸い込み、ため、体をふくらませる習性があるとされるが、料理をするときにも海水が出てくる。
卵生。

基本情報

九州などではまとまって水揚げされて、加工品や「ゆびき」などになる。
鮮魚でも出回るものかなどは不明。

水産基本情報

市場での評価 主に加工原料だと思われる。鮮魚で並んでいるところは見ていない。関東では珍魚(料理店では広告塔などという)として希に流通する。
漁法 定置網
産地 長崎県など

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

強く触って身にしまりのあるもの。体液が透明なもの。

味わい

旬は不明。
腹がたるんでしばしば空気、海水が入っている。
見た目よりも身は少ない。
皮はざらざらして硬い。基本的に皮を取り去って食用にする。
軟骨で柔らかく、白身で臭みがない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 干もの(塩干し、みりん干し)、煮つけ、ゆびき、肝刺身
干もの◆みりん、しょうゆで味つけして干すと非常に美味。クセがなく上品な味。
煮つけ◆腹の比較的脂のある部分が剥いている。煮て柔らかくしっとりしている。物足りない味わいながら、上品で酒のあてによい。
湯びき◆ホシザメでやるように湯引きにして辛子酢みそで食べる。うま味が少なくやや物足りない味。
肝刺身◆肝はクセがなく、コチュジャンやごま油などで食べる。好き嫌いが出る味わい。
ナヌカザメの干もの干もの◆みりん、しょうゆで味つけして干すと非常に美味。クセがなく上品な味。
ナヌカザメの煮つけ煮つけ◆腹の比較的脂のある部分が剥いている。煮て柔らかくしっとりしている。物足りない味わいながら、上品で酒のあてによい。
ナヌカザメの湯引き湯びき◆ホシザメでやるように湯引きにして辛子酢みそで食べる。うま味が少なくやや物足りない味。
ナヌカザメの刺身肝刺身◆肝はクセがなく、コチュジャンやごま油などで食べる。好き嫌いが出る味わい。

好んで食べる地域・名物料理

ゆびき/長崎県では湯引きにし酢みそで食べる。
ねこざめなますねこざめなます 水洗いしたナヌカザメを丸のまま湯引き、鱗をこそげ落として適宜に切り落としたもの。これを辛子酢みそで食べる。湯引きの加減がよく臭味はなく、うま味が感じられて食感も心地よい。とても味がいい。市販のものであるが志摩地方での本種の利用法が見えてくる。[小川商店 三重県志摩市]

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/日比野友亮さん
『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ