ドロクイ

ドロクイの生物写真

体長20センチを超える。側扁(左右に平たい)。背鰭のいちばん後部にある軟条が糸状に伸びる。コノシロと比べると、口が小さく、上あご後半が下に曲がる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱真鰭区ニシン・鰾下区ニシン上目ニシン目ニシン科コノシロ亜科ドロクイ属
外国名
Japanese threadfin shad
学名
Nematalosa japonica Regan
漢字・由来
漢字 「泥食」。
由来 内湾砂泥地に生息し、泥質の場所にいて、泥を食べる様子を見て。
地方名・市場名
沖縄本島でアシチン。
コワダ、ジャコ、トサコノシロ、メナガ。

概要 ▽

生息域

海水魚。内湾。
南日本。奄美大島、南シナ海北部、フィリッピン北部、台湾。

生態

産卵期は5月。

基本情報

沖縄では一般的な食用魚。
リュウキュウドロクイと区別しないでアシチン。
刺身などとなり利用されている。

水産基本情報

市場での評価 沖縄では一般的な食用魚。やや安値。
漁法 刺し網、定置網
産地 沖縄

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

銀色の身体が輝いて見えるもの。目が澄んでいるもの。

味わい

旬は秋から冬
鱗は剥がれにくいが、取りやすい。
小骨が多いが、骨が柔らかく小型のものはあまり気にならない。
塩焼きなどを作るときは骨切りする方がいい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
刺身、塩焼き、ソテー(フライパンなどで油で焼く)
刺身 三枚に下ろして皮付きのまま、端から薄く切り離していく。旨みが強く、旬の時期は脂が乗って甘みがある。非常にうまい。
塩焼き 水洗いして、皮側から骨切り、振り塩をして焼き上げる。
ソテー ゴマ油でゆっくりじっくり、香ばしく焼く。塩を振らないで、コチュジャン、ゴマ油、酢などで食べると美味。
コノシロと比べると、口が小さく、上あご後半が下に曲がる。

好んで食べる地域・名物料理

沖縄県。

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/高知県高知市永野廣さん
『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ