ドクウロコイボダイ

ドクウロコイボダイの生物写真

細長く、鱗は斜めに配列されてザラザラする。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目イボダイ亜目イボダイ科イボダイ属
外国名
学名
Tetragonurus cuvieri Risso,1810
漢字・由来
漢字 毒鱗疣鯛
由来・語源 「毒」は地中海で有毒とされていたため。「ウロコイボダイ」はイボダイの仲間で、鱗が目立つため。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。北海道北東海域以南、世界中の熱帯・温帯海域。

生態

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

イボダイ亜目(Stromateoidei) について◆
■ 世界に6科16属約65種。
■ イボダイ科、エボシダイ科、マナガツオ科など。
ドクウロコイボダイ科(Tetragonuridae) について◆
■ 熱帯・温帯域に3種。国内に2種。
■ 一般に食用とするものはない。

参考文献 ▽



関連記事 ▽

戻る

ページトップへ