ダツ

ダツの生物写真

1メートルを超える。細長く下あごが細長く伸びる。腹鰭、尻鰭、背鰭は後ろの方にある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱真鰭区正真骨下区棘鰭上目スメグマモルフ系ボラ亜系ダツ目ダツ科ダツ属
外国名
英名/Pacific needlefish, Green gar, Houndfish, Needlefish
学名
Strongylura anastomella (Valenciennes)
漢字・由来
漢字 駄津
由来・語源 東京、江ノ島での呼び名。大きく口の開いた米の藁(わら)や葦で編んだ袋を「駄簀(だす)」という。「駄簀」は叺(かます)ともいい、塩や石炭などを入れるためのものだが、この大きな口の開いた袋に似て、口が大きいため。
地方名・市場名
岡山県笠岡市正頭でスズ。
アオボネ、アナタウオ、アオダス、イシブエ、オンボラス、ケーシジャー、ケシジャア、サアベル、サーベル、シジ、スジ、スジイヨ、ダイガンジ、ダイガンジヨオ、ダス、ダチ、ダツメヨウ、ツウゾ、ツツ、テラ、ナグリ、ナゴチヨ、ハジロ、ハブ、ハマダツ、マルダツ、ラス。

概要 ▽

生息域

海水魚。沿岸の表層。
北海道日本海沿岸、北海道〜九州の日本海・東シナ海、太平洋沿岸太平洋沿岸、瀬戸内海。中国渤海・黄海・東シナ海、南シナ海。

生態

基本情報

比較的まとまって取れるが、小骨が多いので利用されない場合が多い。
味は悪くないので、もっと利用されてもいい。

水産基本情報

市場での評価 関東などでも取れるがほとんど流通しない。安い。
漁法 定置網
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。銀色が強いもの。

味わい

旬は寒い時期から初夏
鱗は細かく取りやすい。皮は薄いがしっかりしている。骨は細い物の硬い。
透明感のある白身だが血合いが強い。熱を通すと硬く締まる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法
生食(刺身)、焼く(塩焼き、干もの)
ダツの刺身生食 刺身。前部は小骨が多いので刺身にはしにくい。後方の方が小骨がなく、味もいいので刺身にすると実に美味。
焼く 単に塩焼きにしても、干ものにしても味がいい。皮に独特の風味があり、うま味に満ちている。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ