ダイナンウミヘビ

ダイナンウミヘビの生物写真

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
食べられなくはない
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区真骨亜区カライワシ下区ウナギ目アナゴ亜目ウミヘビ科ウミヘビ属
外国名
英名/Longbill snake
学名
Ophisurus macrurhynchus Bleeker,1853
漢字・由来
漢字 大灘海蛇
由来・語源 神奈川県江ノ島での呼び名。不明。
地方名・市場名
古くは単にウミヘビ。
ホソグチ、ウミグチナワ、ウミハブ、ウミヘビ、ウングチ、カラスウミヘビ、ギンアナゴ、キントウジ、ギンドオジ、クチナワ、サギアナゴ、サギドウシ、ススウナギ、スドオシ、ヂモグリ、トウヘイエ、ハギ、ヒヤシカン、ヒャッカン、ヘエ、ヘンビ、ヘンピ、ボンサンノオビ、ボンサンノヘビ、ラオ。

概要 ▽

生息域

海水魚。南日本。インド・西太平洋域、大西洋。
内湾の浅い海域から水深500メートル。

生態

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

釣り人にはつとに有名。特に相模湾でのキス釣りをしていると、引きでコレダっとわかる。この引きを感じたらすぐに取り出すのがハサミである。重りから下の仕掛けごと海にお帰り願うわけだ。なにしろ1メートルなんてかわいらしい方、ときに2メートルともなると顔を見て怖くなるほど獰猛そうである。また噛まれると鋭いはがブサリと刺さり、そのまま長い体をうねらせるのだから大怪我になる。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ