セトウシノシタ

セトウシノシタの生物写真

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目ウシノシタ亜目ササウシノシタ科セトウシノシタ属
外国名
学名
Pseudaesopia japonica (Bleeker,1860)
漢字・由来
漢字 瀬戸牛舌
由来・語源 瀬戸内海に多いウシノシタの仲間という意味。
地方名・市場名
ウシノシタ、シマウシノシタ、シマシタ、ゾウリガレイ。

概要 ▽

生息域

海水魚。水深100メートル前後の砂泥地。
北海道室蘭、津軽海峡〜東北地方沿岸、千葉県館山〜九州南岸の太平洋沿岸、新潟県佐渡〜九州西岸の日本海・東シナ海沿岸、瀬戸内海、東シナ海大陸棚斜面。朝鮮半島南岸、台湾。

生態

基本情報


シマウシノシタとは背ビレ、尻ビレといちばん後ろにある尾ビレが完全に分離していることで見分けることができる

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

白身でやや旨味に欠けるもの。バターや脂を使った料理に向いている。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

唐揚げ/ムニエル/煮つけ

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『浜から伝える 魚調理事典』(兵庫県漁業協同組合連合会 山嵜清張)
『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ