スナガレイ

スナガレイの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長35cm前後になる。菱形をしていて鱗は硬くザラザラしている。鰓蓋(ほお)の部分に櫛鱗(硬くザラザラした鱗)が密集していて、頭部の背中側が強くくぼみ口がしゃくれたように見える。裏面背鰭・尻鰭の後半に沿って黄色い帯がある。裏面背鰭・尻鰭の後半に沿って黄色い帯がある。鰓蓋(ほお)の部分に櫛鱗(硬くザラザラした鱗)が密集していて、頭部の背中側が強くくぼみ口がしゃくれたように見える。

スナガレイの形態写真

体長35cm前後になる。菱形をしていて鱗は硬くザラザラしている。鰓蓋(ほお)の部分に櫛鱗(硬くザラザラした鱗)が密集していて、頭部の背中側が強くくぼみ口がしゃくれたように見える。裏面背鰭・尻鰭の後半に沿って黄色い帯がある。

魚貝の物知り度 ★★★
知っていたら通人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目カレイ亜目カレイ科Limanda属
外国名
英名/Longsnout flounder, Sand flounder
学名
Limanda punctatissimus   (Steindachner, 1879) 
漢字・由来
漢字 砂鰈
由来・語源 北海道での呼び名。つぶつぶ感のある有眼部の模様、手触りで小さな白い斑点があり砂を思わせるため。
地方名・市場名
パンガレイ、カワガレイ。

概要 ▽

生息域

海水魚。水深30mより浅い砂泥地。
北海道全沿岸、青森県〜福島県の太平洋沿岸、青森県〜富山県の日本海沿岸、兵庫県浜坂。朝鮮半島東岸中部〜沿海州をへてサハリン、オホーツク海南部、千島列島。

生態

5〜9月に産卵。

基本情報

主に東北、北海道で食べられている安くてお買い得なカレイ。
関東などにも少ないながら入荷してくるが認知度は低い。
煮つけや唐揚げなど総菜料理に大いに活用して欲しい魚でもある。

水産基本情報

市場での評価 北日本でも安いカレイとして取り扱われる。当然、関東まで来ることも希。
漁法 底曳き網、刺し網
産地 北海道、岩手県、青森県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。裏側の黄色みの強いもの。

味わい

旬は冬から初夏
鱗は細かくざらざらして強い。皮は比較的しっかりしている。骨はあまり硬くはない。
透明感のある白身で熱を通すと適度にしまる。
料理の方向性
非常に淡泊でイヤミのない味わい。身質もよく、熱を通しても硬く締まらず、身離れもいい。ただしうま味が少ない。刺身は淡泊で上品だが、関東などでは鮮度のいいものが手に入らないこともあり、ほとんど作られていない。単に塩焼きなどにすると味気なく感じる。バターなどオイル類、しょうゆ、みりん、酒などの調味料が生きてくる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

ソテー(ムニエル)、煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ)、焼く(干もの)
スナガレイのムニエルムニエル 淡泊で上質な白身だが、やや味わいに欠ける。これをバターや油で補ってやる。ムニエルは本種のもっとも相性のいい料理法である。裏面を強くかりっとするくらいにソテーして、ソテーしたバターをかけた。
スナガレイの煮つけ煮つけ 水洗いして骨っぽい頭部を切り落として、みりんとしょうゆのみであっさりと煮上げたもの。みりんのうま味と甘味が実に好相性。ついつい箸が伸びること請け合いである。
スナガレイの唐揚げ唐揚げ カレイ類全般の定番的な料理である。鰭と皮はかりっと香ばしく、身の方がしっかりと甘味やうま味を感じさせてくれる。万人向きの料理だ。
干もの 単に塩焼きにしても上品ではあるがうまいとは言い難い。むしろ干して水分を抜くことで味が増してくる。焼き上がりに酒を塗ると皮目の臭味がとれる。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ