シマアオダイ

シマアオダイの生物写真

体長45cm前後になる。体側に濃いオリーブ色の横縞がある。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科アオダイ属
外国名
Saddle-back snapper
学名
Paracaesio kusakarii Abe,1960
漢字・由来
漢字 縞青鯛
由来・語源 黄土色の薄い横縞のある青鯛の意味合い。
地方名・市場名
オキメイロ/高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協
シロホタ/鹿児島県
シルウンギャル/鹿児島県
シルシチューマチ/沖縄県

概要 ▽

生息域

海水魚。主に水深100メートルより深いところ。
笠原諸島、屋久島から琉球列島。伊豆諸島、静岡県御前崎、三重などでも少ないながらとれる。台湾、東・南沙群島、西太平洋。
注/画像は和歌山県産

生態

基本情報

主に熱帯域であがる魚。
なかでもまとまって取れることはない。
アオダイの仲間は基本的に高いので、高級魚となっている。
主に刺身、塩焼きなどになる。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい


シマアオダイの切り身切り身にしたところ。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

生食(刺身)、煮る(まーす煮)、汁(みそ汁)、ソテー(バター焼き)、焼く(塩焼き)
バター焼き 塩コショウしてバターでステーしたもの。淡泊な味わいにバターの風味が生きて実に美味。
シマアオダイの刺身刺身
アオダイ同様刺身の味は最上級。しっとりとした身質で甘味とうま味に満ちている。見た目にも非常に美しい。
シマアオダイのまーす煮まーす煮
少量の水と塩で煮上げたもの。強火で一気に火を通していく。煮汁が少なくなるとともに身にうま味がもどる、そんな風に思える。
シマアオダイの塩焼き塩焼き
やや淡泊な味わいながら美味しい。
シマアオダイの魚汁魚汁
シルシチューマチ(シマアオダイ)の魚汁は沖縄ならではの味わい。ようするにみそ汁である。アラや皮などからいいだしが出て簡単に作れる。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

旧ページ内容

[以下古い記載が含まれている可能性があります]
とても美しい魚体であり、何匹か来た魚にはすぐに買い手がついた。
◆食べてみる◆
味は抜群によい。高級魚アオダイに勝るとも劣らない。何しろ刺身にして味わい深く甘みがある。
これは煮ても焼いても同様である。
寿司にも仕立ててみたが満場一致の賞賛を得た。温暖化が叫ばれとれる魚種が変わってきているが、本種など新しい高級魚になる。

参考文献 ▽

『九州発 食べる地魚図鑑』(大富潤 南方新社 2011)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ