サメハダホウズキイカ

サメハダホウズキイカの生物写真

外套長13センチ前後。胴は丸みを帯びて筒状。耳(鰭)は小さく丸い。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
軟体動物門頭足綱鞘形亜綱十脚形上目ツツイカ目閉眼亜目サメハダホウズキイカ科Berryteuthis属
外国名
学名
Cranchia scabra Leach, 1817
漢字・由来
漢字 鮫肌鬼灯烏賊、鮫肌酸漿烏賊
由来・語源 ホオズキ(ナス科)の実のような形で、表面がサメのようにざらざらしているため。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水生。全世界の温熱帯。

生態

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/伊東英正 鹿児島県笠沙
『世界イカ類図鑑2005』(全国いか加工業協同組合)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ