コバンザメ

コバンザメの生物写真

体長1メートルを超える。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目コバンザメ科コバンザメ属
外国名
英名/Indian remora, Long sucking-fish
学名
Echeneis naucrates (Linnaeus,1758)
漢字・由来
漢字 小判鮫
由来・語源 東京周辺での呼び名。サメに似て、頭部の吸盤が小判型であるため。
地方名・市場名
別名、コバンイタダキ。
コバニオ、コバンウオ、コバンカジキ、スイツキ、スナチドリ、スナジドリ、ゾオリツベタ、ソロバンウオ、ツチウオ、ハダシタビ、ピンピク、フナイタ、フナイトル、フナエトリ、フナスイ、フナスイツキ、フナスリ、フナツキ、フナドメ、フナヒッツイ、フナヤトリ、ヤイチャ、ヤスダ、ヤスダイ、ヤスダノコバン、ヤスナ、ヤスラ。

概要 ▽

生息域

海水魚。北海道〜九州の日本海・東シナ海・太平洋、屋久島、琉球列島。東太平洋をのぞく全世界の暖海域。
サメ類に吸着。単独での遊泳、回遊もある。

生態

イルカがジャンプするのは本種がわずらわしいので、振り落とすためであるとの説がある。
産卵期は5〜8月。

基本情報

定置網などにまぎれこむもので、専門にとる漁もなく、一般的な食用魚ではない。
ただし漁師さんなどに美味であることが知られており、好んで食べている人もいる。

水産基本情報

市場での評価 非常に希に入荷。やや高値。
漁法 定置網
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は不明
鱗は取りやすく、骨は普通。
クセのない味わい深い白身で熱を通すと締まる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
刺身、汁(鍋)、唐揚げ
刺身 生で食べて上品な味わいの中にうま味が感じられて美味。
身離れがよく、骨などからいいだしが出る。熱を通すとしまりうまい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

小判鮫 戦後、嵐寛寿朗、長谷川一夫、美空ひばりなどが主演で、タイトルに「小判鮫」とつく映画が数本作られている。

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ