コガネシマアジ

コガネシマアジの生物写真

体長100cmを超える。体高があり、体側に縞模様がある。新しいと黄金色を帯びる。体側の縁近くに黒い斑紋が散らばっている。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科ヨロイアジ属
外国名
Golden trevally
学名
Gnathanodon speciosus (Forsskål)
漢字・由来
漢字 黄金島鰺
由来・語源 体色から。
地方名・市場名
アヤガーラ/沖縄本島、宮古、八重山
ガッヌ/沖縄宮古

概要 ▽

生息域

海水魚。内湾、サンゴ礁などの沿岸域の海底あたり。
鹿児島県笠沙・志布志湾、沖縄島以南の琉球列島。台湾、海南島、トンキン湾、インド-太平洋。

生態

基本情報

主に沖縄県で食べられている魚。当地では味のいい魚として人気がある。

水産基本情報

市場での評価/希に関東の市場にもくる。高価。
漁法/釣り
産地/沖縄県

沖縄本島与那城漁協に並ぶ、コガネシマアジ。

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。表面の縞模様のはっきりしているもの。

味わい

旬は春から初夏。
鱗は細かくて取りやすい。皮は厚みがあって丈夫。骨はあまり硬くない。
透明感のある白身で血合いが強い。熱を通しても硬く締まらない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

生食(刺身、カルパッチョ、セビチェ)、煮る(煮つけ)、汁(みそ汁)、焼く(塩焼き、みそ漬け)、揚げる(フライ)

コガネシマアジのカルパッチョカルパッチョ できるだけ薄く切る。皿にオリーブオイル、にんにく、塩を合わせておく。薄切りの身を皿に溜まったオリーブオイルをからめながら皿に並べていく。上からも塩をして。紫玉ねぎなど香りのある野菜、トマトなどを散らして、塩、オリーブオイルをかけ回す。
コガネシマアジの刺身刺身 脂の甘さはないが、うま味が豊かで食感もいい。アジならではの青魚らしい風味が微かにあるのも好ましい。
コガネシマアジの煮つけ煮つけ 腹側の内臓をつつんでいる部分を適宜に切り、湯に通して冷水に落とす。鱗や血液などを取る。水に酒、砂糖、しょうゆを合わせて火をつけて煮上げていく。
コガネシマアジのみそ汁みそ汁 中骨を適宜に切り、湯通しする。昆布だしに入れて煮出す。ここにみそを溶く。野菜は今回はにらを使った。いいだしが出て、付着した身にもうま味があって実にうまい。
コガネシマアジのフライフライ 唐揚げもうまいが、大形魚なので切り身にできる。これに塩コショウして、小麦粉をまぶして揚げる。適度に繊維質で適度にほぐれやすい。
コガネシマアジのかまの塩焼き塩焼き かまの部分に振り塩。1時間以上おき、じっくりと焼き上げる。身は軟らかく豊潤でとてもおいしい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ