クロホシマンジュウダイ

クロホシマンジュウダイの生物写真

35センチ前後になる

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ニザダイ亜目クロホシマンジュウダイ科クロホシマンジュウダイ属
外国名
英名/Butterfish
学名
Scatophagus argus (Linnaeus)
漢字・由来
漢字 黒星饅頭鯛
由来・語源 黒い斑紋があって平たく丸い形の魚の意。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

和歌山県以南。〜インド・太平洋域
内湾、汽水域

生態

基本情報

関東では流通上見かけることは非常に希な魚。

水産基本情報

市場での評価 入荷は非常に希。やや高値。
漁法 定置網、刺し網
産地 高知県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。目が澄んでいるもの。

味わい

旬は寒い時期。
鱗は細かく硬く取りにくい。皮は厚く硬い。
クロホシマンジュウダイのフィレ白身で血合いが美しい。
クセのない味わい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
刺身。塩焼き、潮汁
クロホシマンジュウダイの刺身刺身
うま味が強く、見た目も美しい。
塩焼き やや淡泊ながら骨離れがよく美味。
潮汁 あらを使った塩味の汁は美味。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

旧ページ内容

[以下古い記載が含まれている可能性があります]
高知県高知市浦戸湾の漁師永野廣さんによると、昔は珍しかったが、最近では(2008年)、刺し網にときどきかかるようになったという。同所では同じく熱帯に多い、モンツキイシガニやメナガガザミ、チャイロマルハタが増えている。本種も温暖化のあかしであるようだ。
◆食べてみる◆
寒い時期に皮を引くと真っ白な脂の皮膜がついている。
これを刺身で食べてみる。身には旨味があり、脂はサラリと良質。なかなかうまい。臭いはまったくない。
唐揚げ、ムニエルや塩焼きもうまい。

参考文献 ▽

高知県高知市の永野廣さんから
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ