クロタチカマス

クロタチカマスの生物写真

体長1メートル前後になる。細長く、全体に黒い。背鰭軟条は細く先が針状になっている。腹鰭は棘状で痕跡的。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目サバ亜目クロタチカマス科クロタチカマス属
外国名
Snake mackerel
学名
Gempylus serpens Cuvier,1829
漢字・由来
漢字 黒太刀梭子魚
由来・語源 全身真っ黒で、身体はタチウオに似ていて、頭の部分はカマスに似ているため。
地方名・市場名
別名、ナガスミヤキ(長炭焼)
神奈川県真鶴でナガヤッタバ。
沖縄でナワキリ(縄切)。

概要 ▽

生息域

海水魚。水深200メートルまでの中層〜表層。
青森〜土佐湾の太平洋沿岸、兵庫県香住、沖縄。世界中の温帯域、熱帯域。

生態

基本情報

主に熱帯域の深場にいる魚で、鹿児島県や沖縄海域であがるが、食用としているかいなかは不明。
相模湾に臨む神奈川県小田原、真鶴などで好んで食されている。
夜釣りで主に秋にとれる魚で量が少ないので当地では高価。

水産基本情報

市場での評価 入荷は希。やや高値。
漁法 釣り
産地 神奈川県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

黒い退色していないもの。目が澄んでいるもの。

味わい

旬は秋から冬。
鱗はなく、皮は薄い。背鰭に細い棘が並ぶ、歯が鋭いので危険。
白身でクセもなく、味わい深いが強く長い骨が無数にある。
骨切りして利用する、もしくは丁寧に骨を避けながら食べる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 煮つけ、塩焼き、みそたたき(なめろう)、汁(醤油味)、さんが焼き、唐揚げ
煮つけ◆身離れのよい白身で、絹のようになめらかで、脂があるためにしっとりしてぱさつかない。皮、肝、胃、腸などなども非常に美味。
なめろう◆みそ、香辛野菜などと細かくたたいたもの。マアジやイサキなどよりも脂が甘く美味。これを「さんが焼き」にしてもよい。
汁◆皮や骨、骨についた身などでだしをとり、汁に。しょうゆ、塩、みそなど好みの味つけで。白菜やカブなど野菜と合わせてより味わいが増す。
さんが焼き◆なめろうを焼いたもの。ふっくらと柔らかくてジューシー。
塩焼き◆骨切りをするか、否かは好み。骨切りすると小骨が当たるが、食べやすく、骨切りしないと長い骨が多く煩わしいが、骨を避けることができる。(以下同様)。塩焼きは脂が多く、この脂が良質で白身ながら強いうま味が感じられて美味。
唐揚げ◆骨切りして香ばしくじっくり揚げる。やや骨が気になるが美味。
頭部から後ろに続く側線は肩の部分で上下に分かれ2本。
クロタチカマスの煮つけ煮つけ
なめろう

好んで食べる地域・名物料理

神奈川県小田原、真鶴

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『相模湾・海の不思議』(木幡孜 夢工房)、『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ