クロサバフグ

クロサバフグの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体調35cm前後になる。紡錘形で小さな棘が背面と腹部にあり、背面の棘は背鰭ふきんに達しない。尾鰭の上葉、下葉が伸びる。尾鰭は二重湾入形。全体に黒っぽい。尾も黒く上下にはっきりとした白い部分がある。

クロサバフグの形態写真

体調35cm前後になる。紡錘形で小さな棘が背面と腹部にあり、背面の棘は背鰭ふきんに達しない。尾鰭の上葉、下葉が伸びる。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目フグ科サバフグ属
外国名
Dark rough-backed puffer
学名
Lagocephalus gloveri Abe and Tabeta,1983
漢字・由来
漢字 黒鯖河豚
由来・語源 「白」はサバフグに白い(シロサバフグ)と黒い(クロサバフグ)がいるため。「サバフグ」は群れを作るため、もしくは色合いから。
地方名・市場名
アオシマ/徳島県阿南市『椿泊漁業協同組合』
アオタ/徳島県阿南市『椿泊漁業協同組合』
アオカナト、アオシバ、アオタン、アオフグ、アオマル、カナト、ギロ、クロカナト、ギンフグ、サバフグ。

概要 ▽

生息域

海水魚。
北海道〜九州南岸の太平洋沿岸、能登半島、福岡県津屋崎、東シナ海。
渤海、黄海、朝鮮半島南西岸・南岸、済州島、台湾、中国東シナ海・南シナ海沿岸、大スンダ列島、小スンダ列島南岸。

生態

東シナ海では4月〜5月に産卵。

基本情報

日本各地で水揚げがあるもののドクサバフグに似ているために、廃棄されることが多く、流通の場ではめったに見かけない。
シロサバフグ同様に美味な魚である。

クロサバフグ 背面の棘のある部分は背鰭近くにまで達しない。
ドクサバフグ 背面の棘のある部分は背鰭近くにまで達する。

水産基本情報

市場での評価 入荷は少ない。安い。
漁法 定置網
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は秋から冬。
背面の皮に棘があり、触ると痛い。皮は剥ぎやすい。
透明感のある白身で鈍く濁りやすい。やや水っぽいので、ペーパータオルなどにくるみ一昼夜寝かせるといい。煮るなどすると適度に締まる。
可食部分は筋肉、皮、精巣。
南シナ海の個体は筋肉は弱毒、卵巣、肝臓に猛毒との報告がある。
フグの調理は一般人は原則的に行なわないこと。調理するときには自己責任で

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

汁(鍋、みそ汁)、煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ)、焼く(一夜干し)
クロサバフグのみそ汁クロサバフグのみそ汁 水洗いして皮を剥き、目なども抜き取って適宜に切る。湯通しして、冷水に落とし滑りや汚れを取る。よく水気を拭き取る。これを水から煮出して、少量の酒(必須ではない)を加え、みそを溶く。実にうま味豊かな汁になる。
クロサバフグの梅干し煮クロサバフグの梅干し煮 水洗いして皮を剥き、目なども取る。適宜に切り、湯通ししてぬめりなどを取る。水分をよく切っておく。鍋に酒、少量の砂糖、梅干し、少量のしょうゆを合わせた地で煮上げる。梅干しの酸味が爽やかでとても食べやすい。
クロサバフグの唐揚げクロサバフグの唐揚げ 水洗いして皮を剥き、眼球なども取る。適宜に切り、ふきんなどに包み、一昼夜寝かせて水分を抜く。片栗粉をまぶしてじっくりと揚げる。揚げ上がりに塩コショウ、カレー塩などを振る。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/伊東正英 南さつま市
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ