クモリソデガイ

クモリソデガイの生物写真

殻長3センチ前後になる。前半が短く丸みを帯び、後半が延びる。貝殻に光沢がない。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
軟体動物門介殻亜門二枚貝綱古多歯亜綱クルミガイ目シワロウバイ超科ロウバイガイ科ナギナタソデガイ属
外国名
学名
Yoldia glauca Kuroda & Habe in Habe,1961
漢字・由来
漢字 曇袖貝
由来・語源 黒田徳米の命名。貝殻に光沢がなく曇りガラスを思わせるため。「袖貝」は前部が短く後部が袖のように長いので。
地方名・市場名
別名、ハイイロナガソデガイ、クモリロウバイ。

概要 ▽

生息域

海水生。房総半島から九州。
水深100〜300メートルの砂泥地

生態

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽



関連記事 ▽

戻る

ページトップへ