ギンユゴイ

ギンユゴイの生物写真

体長20センチ前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ユゴイ科ユゴイ属
外国名
英名/Barred flagtail
学名
Kuhlia mugil (Forster,1801)
漢字・由来
漢字 銀湯鯉
由来・語源 田中茂穂の命名。ユゴイの仲間で銀色がかっているため。「湯鯉」は熱帯域にいる魚だが、静岡県伊東市浄の池に多く生息していた魚で、この池が温泉水が入って温かかったための生息であるため。
地方名・市場名
タアズ、ミキョウ、ミコ、ミサダ、ミツウ、ユゴイ。

概要 ▽

生息域

海水魚。茨城県〜九州南岸の太平洋沿岸、対馬、九州北岸・西岸、屋久島、琉球列島、小笠原諸島。インド・太平洋域。
沿岸の岩礁域。

生態

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/菊地利雄 静岡県沼津市
『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ