ギボシナガニシ

ギボシナガニシの生物写真

殻高10センチ前後になる。ふくらみが強い。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
動物門軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新生腹足上目新腹足目アクキガイ超科イトマキボラ科ナガニシ亜科ナガニシ属
外国名
学名
Fusinus akitai Kuroda & Habe in Habe,1961
漢字・由来
漢字 擬宝珠長辛螺
由来・語源 黒田徳米の命名。学名は標本商・秋田市太郎に献名。模式産地/愛知県一色。
地方名・市場名
別名/ダルマナガニシ。

概要 ▽

生息域

海水生。水深100〜200メートル。
遠州灘〜土佐湾。

生態

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ