カミナリイカ

代表的な呼び名モンゴウイカ

カミナリイカの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
胴の長さ20cmを超える。大型のコウイカ。胴に独特の斑文が散らばる。胴の部分に目を思わせる斑紋がある。

カミナリイカの形態写真

胴の長さ20cmを超える。大型のコウイカ。胴に独特の斑文が散らばる。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
軟体動物門頭足綱二鰓亜綱コウイカ目コウイカ科コウイカ属
外国名
英名/Ocellated cuttlefish,Kisslip cuttlefish
学名
Sepia lycidas Gray
漢字・由来
漢字 雷烏賊
由来・語源 頭足類の分類などに貢献した佐々木望の命名。胴に現れる文様が雷文様を思わせるためか。
地方名・市場名
モンゴウイカ(紋甲烏賊)と呼ばれることが多い。
他にはマイカ(真烏賊)。

概要 ▽

生息域

海水生。房総半島以南、東シナ海、南シナ海。

生態

春から初夏にかけて沿岸で産卵。

基本情報

主に西日本で水揚げされる大型のコウイカ。
近畿以西で人気があり、今では輸入もののイカに使われる「モンゴウイカ」というのは本来本種のことをさす言葉だった。ようするにアフリカなどで上がる「モンゴウイカ」は本種に似たイカの意味合いがある。
非常に味のいいイカで西日本では高級なもの。

水産基本情報

市場での評価 西日本で入荷量が多く、評価が高い。東日本では入荷量が少なく評価が低い。
漁法 カゴ漁、刺し網
産地 西日本など
主に春から初夏にかけて産卵で岸近くに回遊してきたものを漁獲する。産地は主に西日本であり、値段は安定しているが高くない。

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

独特の目を思わせる斑文のくっきりしているもの。触って張りのあるもの。

味わい

旬は冬から初夏
墨を多く含む。皮は厚く丈夫。
身が非常に分厚く、甘みがある。やや硬い。
熱を通すと硬くなる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

生食(刺身、サラダ)、揚げる(唐揚げ、天ぷら)、煮る(ゆでる、煮つけ)、汁(墨汁)

ゆびき刺身 皮を剥き表側縦方向に切れ目を入れて熱湯をくぐらせて氷水にとり、水分をよく切り適宜に切る。熱湯をくぐらせることで表面が締まり、食感がよくなる。
カミナリイカの刺身刺身 厚みがあり、やや硬いので包丁目を入れて切りつける。ほどよい甘味があり、触感もよくおいしい。
カミナリイカのサラダサラダ 皮を剥いた身に塩コショウして置く。まずはドレッシングを作る。バルサミコ酢、レモン、塩コショウ、太白ごま油を合わせてよく混ぜておく。レタス、トレビスなどは洗いよく水を切り、適宜に切る。ドレッシングにイカと野菜を入れて食べる直前に和える。
カミナリイカのサラダ天ぷら 「墨烏賊(コウイカ)」と比べると大味だと思うが、ほどよい甘味と軟らかさが楽しめる。
カミナリイカの中華炒め小松菜とカミナリイカの中華炒め 油につぶしニンニクとしょうがを加え火をつけて香りを移す。この油に塩を加え、小松菜を炒め8分通り火が通ったらイカを加えて、イカに火が通ったらこしょうをして出来上がり。カミナリイカは炒め物に合う。
カミナリイカのげそ煮げそ煮 大形なのでゆでると少し硬い。むしとじっくりとしょうゆ味で煮た方が軟らかく仕上がる。おかずなどに向いている。
カミナリイカのイカ墨汁墨汁 カミナリイカの墨袋をとっておく。豚三枚肉、カツオ節だしを容易。鰹節だしで豚三枚肉を煮る。墨袋に煮汁を加えて、墨を汁に溶かす。この墨とイカの身(ここではエンペラ)を汁に加えて一煮立ちさせる。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ