カマスサワラ

代表的な呼び名オキザワラ

カマスサワラの生物写真

体長2メートルを超える。体表は小さな円鱗で覆われており、若魚の頃までは黒い横縞が無数にある。成魚になると横縞は消える。腹鰭と尻鰭は離れていて、小さい。小さな離鰭が尾鰭前方に並ぶ。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目サバ亜目サバ科カマスサワラ属
外国名
Wahoo
学名
Acanthocybium solandri (Cuvier,1831)
漢字・由来
漢字 叺鰆、魳鰆、梭子魚鰆
由来・語源 岸上鎌吉(きしのうえ かまきち 1867〜1929 水産学・動物学者)の命名。口が大きくとんがっていて、細長い胴の部分は鰆(さわら)に近いため。中間的に思えるためだろう。
地方名・市場名
別名、オキサワラ、オキザワラ(沖鰆)。
サワラ/高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協(サワラのことを「サゴシ」)
サーラ/沖縄宮古島
トーサーラ/沖縄本島・八重山
オオカマス、オキカマス、サアラ、サワラ、スジガマス、スジサゴシ、テツポウサワラ、テッポウサワラ、トウジンカマス、トウジンサワラ、トーサワラ、トカキン。

概要 ▽

生息域

海水魚。南日本。世界中の温帯・熱帯域。
表層を遊泳。

生態

産卵期は晩春から初夏。

基本情報

比較的暖かい地域の外洋でとれるもの。
とれる量もマグロ類と比べると少なく、味の点から非常に値の安い魚である。
大型魚で姿のままで小売り店に並ぶことはまずない。
お弁当の焼きもの、小売り店の切り身などとなって売られている。
淡泊な味わいでクセがなくカロリーが低いので、もっと高値となってもいいのではないかと思っている。

水産基本情報

市場での評価 入荷はやや少ないが、決して珍しいものではない。安い。
漁法 刺し網、巻き網、釣り
産地 千葉県以西の太平洋側、東シナ海の日本各地。

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

切り身は微かだが透明感のあるもの。切り口の角の立っているもの。

味わい

旬は秋から寒い初春くらいまで。
鱗は小さく気にならない。
皮は薄い。
身は赤身と白身の中間的な色合い。
時間が経つと白濁してくる。
クセはまったくなく、淡泊。
骨やアラからいいだしが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
フライ、刺身、焼きもの(祐庵焼、味噌漬け)、煮つけ
カマスサワラのフライフライ クセがなく、ほどよく水分が多いのでフライにすると美味。
カマスサワラの刺身刺身 クセがなく淡泊。赤身と白身の中間的な味わいで、万人向きの味わい。物足りなく思う人も多いかも。
カマスサワラのみそ漬け焼き焼きもの 比較的濃い味つけにするとよい。白みそ、仙台みそのような甘めのものが向いている。みりん、酒はともに使いたい。
カマスサワラの煮つけ煮つけ あらなどは煮つけにしていい総菜となる。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ