オニサザエ

オニサザエの生物写真

殻長18センチ前後になる。貝殻は陶器を思わせて白く褐色の殻皮をかぶる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
動物門軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新生腹足上目新腹足目アッキガイ超科アッキガイ科アッキガイ亜科テングガイ属
外国名
学名
Chicoreus asianus Kuroda, 1942
漢字・由来
漢字 鬼栄螺
由来・語源 「六百介品』(1804〜1829)より。サザエとは系統的には遠い。磯にいて管状の棘が無数にある。これがゴツゴツして触ると痛いので「鬼=触ると危険もしくは痛い」がつき、サザエと同じような味わいなので、この名があるのでは?
地方名・市場名
別名、キエボラ。
熊本県上天草市大矢野ではイガニシ(毬螺)。
アサタ、アモタ、イボニシ、イワボラ、オコゼニシ、オニガイ、オニニシ、オニノテゴ、オニノテコブシ、ケンボッポン、ゴンゲン、サザエ、ツノサザエ、ツノニシ、ツノニシン、トゲミナ、ハリガイ、ヒゲガイ、ホーソーガイ、ホーソーガミサマ、ホラガイ、ミソサザエ、ヨナキ、ヨリニシ。

概要 ▽

生息域

海水生。能登半島、房総半島以南。台湾、中国沿岸。
水深30メートルより浅い岩礁地帯。

生態

基本情報

あまりまとまってとれないので、ほとんど食用としては出回らない。
貝殻が硬いのが難だが味がよいことは漁師さんなどが知る。

水産基本情報

市場での評価 ほとんど流通しない。貝の収集の対象として知られる。
漁法 刺し網
産地 熊本県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているもの。

味わい

旬は不明。
貝殻が硬く棘が硬いので割ることは困難。
ゆでて取り出すことが普通。
身には甘みと貝らしいうまみがある。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 ゆでる、刺身
ゆでる◆ゆでてもあまり硬くならない。甘みが強く、貝らしい風味がある。
刺身◆貝殻を割るのは至難だが、生で食べてもなかなか美味。


好んで食べる地域・名物料理

熊本県天草地方
大阪府南部

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

熊本県上天草市 出口典彦さん
『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ