オクカジカ

代表的な呼び名カジカ

オクカジカの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長40センチ以上になる。頭部目の後方に2対の皮弁がない。細長く頭部は縦扁(天地に平たい)する。尾鰭に白い縁取りがない。体幅がなく、トゲカジカと比べるとほっそりとしている。

オクカジカの形態写真

体長40センチ以上になる。頭部目の後方に2対の皮弁がない。細長く頭部は縦扁(天地に平たい)する。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カサゴ目カジカ亜目カジカ科ギスカジカ属
外国名
Plain sculpin
学名
Myoxocephalus jaok (Cuvier)
漢字・由来
漢字 不明
由来・語源 不明
地方名・市場名
シラミカジカ。
新潟県岩舟のアイカギは生息域から考えて疑問。

概要 ▽

生息域

海水魚。主に沿岸の浅い藻場に生息。水深680mよりも浅い場所。
主に北海道沿岸、島根県〜青森県の日本海。オホーツク海、朝鮮半島〜間宮海峡、サハリン西岸・南島岸、千島列島、チュクチ海からベーリング海西部、アリューシャン列島東部、アラスカ湾。

生態

基本情報

海のカジカ類のなかでもほぼ流通しないもの。北海道沿岸などの浅い藻場にいて、とれても飼料となることが多いようだ。

水産基本情報

市場での評価 関東などにはまず入荷してこない。安い。
漁法 刺し網、釣り
産地 北海道

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。背の部分が褐色で鰓の色が赤いもの。

味わい

旬は冬。
棘が少なく、鱗もほとんどない。
皮は丈夫で厚みがあるが熱を通すともろい。
透明感のある白身ですぐに白濁する。
肝、卵巣は美味。
いいだしが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 汁(みそ汁、潮汁、鍋もの)、揚げる(唐揚げ)、煮る(煮つけ)、焼く(魚田)
みそ汁 鱗がないので適宜にぶつ切りにして、昆布だしで煮だして、みそを溶く。肝、胃袋などからもいいだしが出て、また味わいを深める。根菜類などを加えてもうまい。
適宜にぶつ切りにして、肝、胃袋などとともに昆布だしで煮る。これを鍋に移して野菜などと煮ながら食べる。
みそ焼き(魚田) 三枚に下ろした身を素焼きして、田楽みそを塗りながら焼き上げたもの。田楽みそは、酒、みりん、砂糖、みそを合わせて鍋で練り上げたもの。玉みそでもいい。

好んで食べる地域・名物料理

北海道/海のカジカ類のひとつ。

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/マルトミ 渡辺水産 北海道紋別市
『北海道の全魚種図鑑』(尼岡邦夫、仲谷一宏、矢部衛 北海道新聞社)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ