オオシマドジョウ

オオシマドジョウの生物写真

体長90-130cm前後になる。背部の斑紋の間隔が広い。ヒゲは長い。体側の斑紋は長楕円形に近くほとんど繋がっている。尾鰭のつけ根の斑紋は上下が繋がり、明瞭。尾鰭の模様は乱れた横3-4列。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区ニシン・骨鰾下区骨鰾系コイ目ドジョウ科シマドジョウ属
外国名
Striped loach
学名
Cobitis sp. BIWAE type A
漢字・由来
漢字/大縞泥鰌
由来・語源/「縞泥鰌」は琵琶湖、大阪での呼び名。縦縞があるドジョウの意味。シマドジョウのなかでも大型になるため。
地方名・市場名
スナドジョウ/岡山県新見市哲西町[上田修二 2014/05/09]、島根県益田市・吉賀町[アンダンテ21 20170409]
カワドジョウ(川鰌、川泥鰌)/徳島県美馬郡貞光町(現つるぎ町)

概要 ▽

生息域

淡水魚。緩やかな流れの中流域。
本州・四国の瀬戸内海流入河川。
本州福井県、滋賀県、奈良県、和歌山県北部、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、広島県、島根県西部、山口県東部、大分県一部地域。

生態

基本情報

「Cobitis biwae Jordan and Snyder,1901」を区分したもの(オオシマドジョウ、ニシシマドジョウ、ヒガシシマドジョウ、トサシマドジョウ)のひとつ。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本のドジョウ 形態・生態・文化と図鑑』(中島淳/文、写真/内山りゅう 山と渓谷社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ