ウッカリカサゴ

ウッカリカサゴの生物写真

体長40センチを超える。紡錘形でやや側偏する。非常に頭が大きい。身体の側面一面(測線の上側にも)に円形の白い斑文がある。斑文には褐色(薄いものもある)の縁取りがある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科カサゴ属
外国名
Yellowbarred red rockfish
学名
Sebastiscus tertius Barsukov and chen
漢字・由来
漢字 うっかり瘡魚、うっかり笠子。
由来・語源 なぜ「うっかり」かというと、安倍宗明(著明な魚類学者)が和名を整理、名づけることにいそしむうちに、ほとんど名づけ終わったと安堵していたら、なんと毎日見なれたカサゴが別種であり、これを発表し忘れていた。「うっかり論文を発表し忘れたため」。
「他のカサゴとうっかりすると区別がつかないカサゴ」でウッカリカサゴになった
地方名・市場名
オキボッコ(沖ぼっこ)/島根県
オキボッコウ(沖ぼっこう)/島根県
ホゴ/高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協
ボテコ/山口県萩市
ハツメ/山形県酒田市由良漁港
カンコ/千葉県外房
ボウチョウカサゴ/静岡県伊豆
ビックリガシ/三重県鳥羽市和具

概要 ▽

生息域

海水魚。宮城県以南、東シナ海。朝鮮半島南部。山陰などにも生息。カサゴが浅い海にいるのに対して沖合の深場にいる。

生態

ウッカリカサゴの斑紋ウッカリカサゴの上半分の斑紋は多く、はっきりして、褐色に縁取られる。
カサゴの斑紋カサゴの身体の上部分には斑紋がないか、あっても不明瞭。
卵胎生。
体長40センチを超える。紡錘形でやや側偏する。非常に頭が大きい。身体の側面一面(測線の上側にも)に円形の白い斑文がある。斑文には褐色(薄いものもある)の縁取りがある。

基本情報

一般にはほとんど知られていない。
都市部のスーパーなどでは見かけない。

水産基本情報

市場での評価 活けでは入荷しない。市場にはカサゴと区別されないで入荷。値段は高い。
漁法 底引き網、釣り
主な産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

大きい方がいい。触って硬いもの。斑文がくっきりと色が褪せていないもの。鰓が鮮紅色のもの。

味わい

旬は秋から冬
鱗は細かく取りやすい。皮はやや硬い。
透明感がありのある白身で熱を加えるとやや縮む。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 汁物(鍋、みそ汁、潮汁、ブイヤベース)、煮つけ、塩焼き、刺身(昆布締め、焼霜造り)、唐揚げ
ウッカリカサゴの汁 鍋物材料として非常に優れている。クセがなく身離れのいい身といいだしの出るあら、肝や腸、胃なども加えるとより美味。
ウッカリカサゴの煮つけ煮つけ やや淡泊な味わいなので醤油やみりんで味わいをプラス。三重県尾鷲市では梅干しとしょうがを風味づけ、臭味消しに入れて煮る。不思議なことに梅干しは味的にはあまり影響がないのにふっくらと食べやすく出来上がる。
ウッカリカサゴの塩焼き塩焼き 兜焼きは非常にうまい。思った以上に食べる部分が多く、身離れが非常にいい。皮目に風味があるので、これも魅力的だ。
ウッカリカサゴの刺身刺身 うま味に欠けるので皮付きのまま焼霜にしていい。皮を引くなら昆布締めなども。
ウッカリカサゴの唐揚げ唐揚げ 小振りのものは姿揚げにしてカサゴ同様に美味。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

関東では沖合の水深100メートルから150メートル前後で狙う。仕掛けは片天秤の2本バリで魚かイカの短冊餌。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『原色魚類大図鑑』(安倍宗明 北隆館)、『魚偏に遊ぶ 日本回遊博物誌』(田中秀男 PMC出版)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ