イワトコナマズ

代表的な呼び名イワトコ

イワトコナマズの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長60センチ前後になる。眼が左右につき、出ていて腹部からでも見える。鼻孔が筒状に突出している。全体に黒いが、黄色みを帯びる不定形の斑紋が散らばることも。鯰にはアルビノが出現することがあるが、本種の出現率がもっとも高い。また画像は体長50センチ。眼が左右につき、出ていて腹部裏側からでも見える。

イワトコナマズの形態写真

体長60センチ前後になる。眼が左右につき、出ていて腹部からでも見える。鼻孔が筒状に突出している。全体に黒いが、黄色みを帯びる不定形の斑紋が散らばることも。鯰にはアルビノが出現することがあるが、本種の出現率がもっとも高い。また画像は体長50センチ。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系ナマズ目ナマズ科ナマズ属
外国名
英名/Catfish
学名
Silurus lithophilus (Tomoda,1961)
漢字・由来
漢字 岩床鯰
由来・語源 友田淑郎が『湖魚考』(文化年代 小林義兄)からとったもの。岩場に多く、岩床(岩場)にすむナマズの意味。
地方名・市場名
『湖中産物図證』(藤居重敬)に緋鯰。

概要 ▽

生息域

淡水魚。琵琶湖、瀬田川、余呉湖。
岩礁地帯。

生態

岩の多い場所をすみかとして小魚やエビ、昆虫などをエサとしている。
産卵期は梅雨(6月中旬から下旬)にかけて水深3〜4メートルの石の多いところで産卵。

基本情報

琵琶湖、余呉湖特産のナマズ。
ナマズ3種のなかで、いちばん味がよいことは古くから知られていたが、獲れる量、流通する機会が非常に少ない。食用とする地域も琵琶湖周辺と岐阜県などのみ。
淡水魚なのにクセがなく、歩留まりがいいので産地などで人気。

水産基本情報

市場での評価 琵琶湖周辺のみで流通する。やや高値
漁法 刺し網、釣り
産地 琵琶湖

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているもの。活け締めにして時間のたっていないもの。

味わい

旬は梅雨時期と秋
頭部が小さく歩留まりがいい。鱗はなく大量の粘液に覆われている。これをこそげ取ってから料理する。
魚類中もっとも硬い骨をしていると思う。
脂は黄色く腹の縁や背鰭近くにたまる。やや赤みがかった上質の白身で熱を通しても硬く締まらない。生で食べてもあまりうま味を感じない。アラ、身、内臓などからいいだしが出る。
料理の方向性
上質の白身ではあるが、身自体に強いうま味があるわけではない。むしろ皮に独特の風味がある。汁ものなどにすると皮、身とも味がよい。揚げ物は美味。単に焼くとやや強く締まり硬くなる。むしろ蒲焼きにして美味。
身が少し赤みがかっている。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
煮る(じゅんじゅん〈すき焼き〉)、汁(みそ汁、醤油味の汁)、揚げる(天ぷら、フライ、唐揚げ)、焼く(蒲焼き)、刺身、唐揚げ
じゅんじゅん(すき焼き)
甘辛い醤油、みりん、酒などで味つけした地で煮ながら食べる。クセのない味わいで皮にこくがある。
イワトコナマズの煮つけ煮つけ 筒切りにして酒としょうゆ、砂糖で煮たもの。クセのない白身でイヤミがなく、皮に味がある。
みそ汁 あらを昆布だしで煮て、八丁味噌を溶いたもの。みそは好みで。あらからは濃厚なうま味がでてとてもうまい。
フライ アメリカ南部で食べられているのがナマズ目の魚のフライ。当然、本種のフライも絶品。上質な白身のよさが楽しめる。
イワトコナマズの天ぷら天ぷら 江戸前のメゴチ(ネズミゴチ)のような個性に欠けるが、ほどよい柔らかさ、クセのなさでうまい天ぷらになる。
イワトコナマズの蒲焼き蒲焼き 素焼きにすると皮に脂があってじゅうじゅうーと香ばしく焼ける。ここにみりん1、醤油1のタレをかけながら焼くと非常にうまい。
イワトコナマズの刺身刺身 クセのない上品な味だが、甘みもうま味にも欠ける。醤油よりも辛子酢みその方が合う。

好んで食べる地域・名物料理

琵琶湖周辺。

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

琵琶湖の漁師さんたちは、この黄色いナマズが獲れると、竹生島の弁天様のお使いとしてすぐ琵琶湖に逃がしている。 (『湖国琵琶湖の魚たち』)

参考文献 ▽

『湖国琵琶湖の魚たち』(滋賀県立琵琶湖文化館 第一法規)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本の淡水魚』(川那部浩哉、水野信彦 編・監修 山と渓谷社)、『湖魚と近江のくらし』(滋賀の食事文化研究会 サンライズ出版 2003)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ