イボキサゴ

イボキサゴの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
殻幅2cm前後。螺層の情報に瘤上の隆起が並ぶ。色彩は多彩で美しい。

イボキサゴの形態写真

殻幅2cm前後。螺層の情報に瘤上の隆起が並ぶ。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
軟体動物門腹足綱前鰓亜綱古腹足目ニシキウズガイ科キサゴ属
外国名
学名
Umbonium moniliferum (Lamarck,1822) 
漢字・由来
漢字 疣喜佐古、疣細螺、疣扁螺
由来・語源 岩川友太郎の命名。貝殻に疣状の隆起があるため。
地方名・市場名
イシャラ、イシャラガイ、イロシタダミ、ガナゾ、ガンド、キサゴ、キシャゴ、キチャンゴ、ゴウナイ、ゴカイ、コフラ、ザリガイ、シャコ、シャゴ、シャゴー、シャンガラ、ソウマイ、ソウメエ、ソウメエゲエ、ツブ、テンジンゲエ、ナガラ、ナガラミ、ナガラメ、ネコガイ、ハリガイ、ヒサゴ、ヤサラ、ヤシャラ、ヨラメ、ヨロミ。

概要 ▽

生息域

内湾にある干潟、砂地。
北海道〜九州。

生態

基本情報

キサゴと本種はなかなか見分け方が困難であるがひっくり返してヘソの平滑な部分の大きいのが本種、小さいのがキサゴである。「イボ」とはつくが本種には「いぼ」があるものとないものがあり、同定の決め手とはならない。
東京湾周辺では縄文時代に盛んに採取、食用とされていたようだが、今は食用とすることはない。
おはじきの起源になった貝として有名。

水産基本情報

市場での評価 市場にくるキサゴの仲間(関東ではながらみ)はほとんどがダンベイキサゴであり、キサゴがたまに築地などで見ることができる。本種は今まで一度も流通の場では見ていない。
漁法 じょれん、腰引き漁
産地 千葉県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は春だと思う。
キサゴ類中もっとも小形だが、身は充実して歩留まりが言い。取り出しやすい。
内臓などに苦みがない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
みそ汁/塩茹で/煮貝
砂抜き 潮干狩りなどで持ち帰ったら一晩砂を抜く(海水をペットボトルなどで持ち帰るといい)。
みそ汁 たくさん鍋に入れて、水を入れて煮立ったらみそをとく。これでみそ汁が出来上がる。これは味わい深くなかなかのもの。塩茹で、煮貝は身を取り出すのが大変だが美味。
塩ゆで 塩水で短時間ゆでたもの。ゆですぎには注意が必要。身に甘みが豊かでとても味がいい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

おはじき キサゴの仲間の貝殻は、おはじきの原型と言われる。キサゴの仲間でも小振りで、色彩の変化が多く、美しいので、遊び道具のおはじきとして使われる。おはじきの起源は本来、小石や貝殻をはじいて遊んだもの。今のようなガラス製が登場したのは何時の時代なのか? これは徐々に調べるつもりだ。

参考文献 ▽

協力/金萬智男さん(千葉県木更津市)
『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ