イボウミニナ

イボウミニナの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
殻長4cm前後になる。やや細身で各層は角張る。疣状の突起の帯がある。

イボウミニナの形態写真

殻長4cm前後になる。やや細身で各層は角張る。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
軟体動物門腹足綱直腹足亜綱新生腹足上目吸腔目カニモリガイ上科ウミニナ科ウミニナ属
外国名
Small sandy shore snail
学名
Batillaria zonalis (Bruguière, 1792)
漢字・由来
漢字/疣海蜷
由来・語源/岩川友太郎の命名。貝殻に規則正しい疣状の突起が並んでいるため。
地方名・市場名
別名/オビウミニナ

概要 ▽

生息域

海水生。内湾のアマモなどの生える干潟。
北海道南部以南。〜インド・西太平洋域。

内湾のアマモなどの生える場所に群生している。

生態

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ