イトヒキフエダイ

代表的な呼び名イヌバー

イトヒキフエダイの生物写真

体長1m前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科イトヒキフエダイ属
外国名
Chinamanfish
学名
Symphorus nematophorus (Bleeker,1860)
漢字・由来
漢字 糸引笛鯛
由来・語源 フエダイの仲間で、小型のとき背鰭の軟条が糸状に伸びるため。
地方名・市場名
沖縄本島、八重山でイヌバー、宮古でフツナズ。

概要 ▽

生息域

海水魚。高知県、鹿児島県、琉球列島。〜西太平洋。
岩礁域。

生態

基本情報

シガテラ毒で事故を起こしたことがある。
産地などの情報などを集めるなど注意が必要。
非常に味のいい魚で沖縄ではやや高値で取引されている。

水産基本情報

市場での評価 沖縄ではやや高価に取引されている。
漁法 釣り
産地 鹿児島県、沖縄県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

赤みの強いもので、触って張りのあるもの。

味わい

旬は不明。
鱗は硬く取りにくい。皮は厚い。骨は大型では硬い。
赤みをおびた白身で血合いが赤い。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 刺身、まーす煮、汁(みそ汁)、焼く(塩焼き)
刺身◆うま味が強く、脂からくる甘味がほどよく感じられる。とても美味しい。血合いが赤く、見た目にも美しい。
まーす煮◆少量の塩水で蒸し煮にする沖縄の郷土料理「まーす煮」も実に味がいい。特に皮目のうまさがいい。
イトヒキフエダイの刺身刺身◆うま味が強く、脂からくる甘味がほどよく感じられる。とても美味しい。血合いが赤く、見た目にも美しい。
イトヒキフエダイのまーす煮まーす煮◆少量の塩水で蒸し煮にする沖縄の郷土料理「まーす煮」も実に味がいい。特に皮目のうまさがいい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ