アラスカキチジ

代表的な呼び名キンキ

アラスカキチジの生物写真

体長80cm前後になる。キチジよりも体高が低い。赤く細長い。目の下、頬に直前的にトゲが並ぶ。口が大きい。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目キチジ科キチジ属
外国名
Shortspine thornyhead
学名
Sebastolobus alascanus  Bean, 1890
漢字・由来
漢字 「阿羅斯加喜知次」、「阿羅斯加吉次」。
由来・語源 アラスカ海域でとれるキチジの意味。
地方名・市場名
ラドキン/石巻市の天祐丸、緒方清夫さんから、本種のことを聞いてみた。宮城は本種の開きなどの加工業が盛んなこと。これを輸入して開くのであるが、国産(地物)のものと区別するために「ラドキン」と呼ぶのだという。
アラスカキンキ/東京都築地場内

概要 ▽

生息域

海水魚。水深100メートル〜1500メートルに棲息。
北海道東部、オホーツク海。ベーリング海、北アメリカ東岸。

生態

基本情報

輸入魚。
国産のキチジは小さなものは別として、非常に高価なものとなっている。
これを補っているのがアメリカ、ロシアなどから輸入される本種。冷凍輸入されたものだが、決して安くはない。
開き干しとして加工される。また、冷凍ものは比較的居酒屋などで煮魚などになっている。

水産基本情報

市場での評価 アラスカ、ロシアなどから輸入される。冷凍魚のなかでも高級なもののひとつ。体長50センチを超える大型の魚である。干物、煮つけ用などの切り身、開いたものなど多種多様な加工品が入荷する。値段は冷凍ものにしては高いもの。
漁法
主な産地 アメリカ、カナダ、ロシア

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

冷凍焼けしたいないもの。見た目がやせていないもの。

味わい

冷凍品であるが、解凍しても脂が多いためか生臭みがない。
白身で、身自体に脂が混在している。
この脂がさらっとしており嫌みがない。
非常に美味。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法
煮る(煮つけ)、焼く(塩焼き)、揚げる(唐揚げ)、汁(潮汁、鍋、みそ汁)
煮つけ 「きんき(アラスカキチジ)」の定番料理。冷凍を解凍して甘辛く関東風に煮つけたもの。淡い味つけでも濃い味つけでもおいしい。
塩焼き 冷凍フィレに振り塩をして、一晩置く。これを焼き上げたもの。脂がにじみ出てきて皮目が香ばしくなる。なかはしっとりと甘味があっておいしい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品


輸入キンキ冷凍 基本的にドレスかフィレで冷凍輸入されてくる。頭つきは珍しいのかも知れない。脂があるためか解凍しても劣化しないように思える。
キンキの開き開き吉次(開きアラスカキチジ) 開いて塩味をつけたもの。このまま焼いても、調味してもいい。[カネマルスガイ 宮城県石巻市]
きんきの開き干し開き干し 冷凍輸入したアラスカキチジを開き干しにしたもの。脂がのっていて甘味を感じる。[ヤマショウ 静岡県沼津市]
きんき中骨煮つけきんき中骨 アラスカキチジの中骨、鰭などを甘辛く煮たもの。しょうがが聞いていて味がいい。[中井英策商店 北海道伊達市]

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『原色魚類大図鑑』(安倍宗明 北隆館)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ