アカブチムラソイ

アカブチムラソイの生物写真

体長25cm前後になる。

ムラソイ類は2種に統合された

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目メバル科メバル属
外国名
学名
Sebastes pachycephalus chalcogrammus Matsubara
漢字・由来
漢字 赤斑斑曹以、赤斑群曹以
由来・語源 赤い斑(ぶち)のあるムラソイのこと。「むら」は不明で、漢字はBKが考察。
ソイ/磯魚のこと。「いそいお」が転訛したもの。
●オウゴンムラソイはムラソイの亜種のシノニムとなる。
地方名・市場名
北海道函館でハチガラ。
山形県鶴岡市由良漁港でビッキバツメ。

概要 ▽

生息域

●オウゴンムラソイはムラソイの亜種のシノニムとなる。

生態

基本情報

関東では「そい」でもなくカサゴ類でもないので、知名度が低い。
入荷量も少なく、マイナーな魚だ。

水産基本情報

市場での評価 入荷量は少なめ。やや高価。
漁法 釣り
産地 北海道、岩手県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。目が澄んでいるもの。

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

■ 浅場、船での餌釣り(サバ短冊、イカ短冊)。
■ 磯のぶっこみ釣り。
■ ルアーの対象魚。
●3亜種共通

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ