アカギンザメ

アカギンザメの生物写真

体長50センチ前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
顎口上綱軟骨魚綱全頭亜綱ギンザメ目ギンザメ科アカギンザメ属
外国名
英名/Ratfish
学名
Hydrolagus mitsukurii (Dean,1904)
漢字・由来
漢字 赤銀鮫
由来・語源 赤味を帯びたギンザメの意。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。新潟県、北海道室蘭市沖、千葉県外海域〜土佐湾の太平洋側。東シナ海大陸斜面、韓国、台湾南部、フィリピン諸島ルソン島。
水深432〜980メートル。

生態

基本情報

背ビレ前の大きな棘は危険。

水産基本情報

この国では流通しない。
底引き網などによく入るもの。一般には破棄される。

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/大成丸 沼津市静浦
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ