アカガレイ

アカガレイの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長50センチほどになる。縦扁する(縦に著しく平たい)。やや細長い楕円形。口が大きく尾鰭は後縁が丸い。底曳網で漁獲などされると裏面、ときに表面も内出血したよううに赤くなる。裏面も血走って赤い。

アカガレイの形態写真

体長50センチほどになる。縦扁する(縦に著しく平たい)。やや細長い楕円形。口が大きく尾鰭は後縁が丸い。底曳網で漁獲などされると裏面、ときに表面も内出血したよううに赤くなる。

魚貝の物知り度 ★★★
知っていたら通人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★
美味
分類
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目カレイ亜目カレイ科アカガレイ属
外国名
Flathead flounder
学名
Hippoglossoides dubius Schmidt,1904
漢字・由来
漢字 赤鰈
由来・語源 血がにじんだように赤いカレイ。
地方名・市場名
別名、ミガレイ。
アカアサバ/新潟県上越市浦本ではカレイ類を「あさば」と言う。
エチゼンカレイ(越前かれい)/福井県越前町
マガレイ/兵庫県但馬地方
その他、アカ、アカアサバ、アカコガレイ、エテガレイ、マガレ、マガレイ、ミズクサ、ミズクサガレイ。
アイヌ語名「ニナアチャ」。

概要 ▽

生息域

海水魚。日本海からオホーツク海、太平洋側では福島県以北。

生態

■ 産卵期は晩秋から春。北ほど遅くなる。
■ 水深40メートルから900メートルに棲息。クモヒトデや環形動物を食べている。
■ クモヒトデ、甲殻類、腹足類(巻き貝)などを食べている。
■ 成長は1歳で10センチ(前後以下略)、2歳で15センチ、3歳で20センチ、5歳で27センチ。6歳で30センチ。寿命は15年ほど。

基本情報

日本海、東北北海道でまとまってとれ、古く関東では庶民的なカレイだった。食堂になど入ると少し高いが「アカガレイの煮つけ」ということもあった。
定番的な魚なので家庭にもしばしば登場していたはず。今でもやや高価ではあるが、切り身が並んでいることも多い。
この切り身を買い求めて手軽に「カレイの煮つけ」というのがとても魅力的である。

水産基本情報

市場での評価 秋から春にかけて入荷してくる。特に寒気に多い。小さいものは手頃だが、大きいものはなかなか高い。卸値でキロあたり1000円以上、ときにキロあたり1800円前後になる。小売店では立派な高級魚といえそう。
漁法 底曳網、刺し網
主な産地(カレイ類として) 北海道、福井県、島根県、兵庫県、福島県、宮城県、山口県
ブランド
越前がれい●福井県越前町をはじめ県内で活け締め、神経抜きしたもの。煮つけや塩焼き用のアカガレイに生食という用途を付加した。
越前がれい出荷の模様 福井県福井市『福井中央魚市』で活魚で入荷してきたアカガレイを活締めし、神経を抜いているところ。アカガレイは鮮度さえよければ刺身にして美味であることが、この出荷体制でわかる。

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って硬いもの。消費地では裏を返して赤いもの。鮮度が悪くなると赤身が消える。産地では裏面を見て透明感のあるもの。
関東では裏面が血走っていて赤いほど鮮度がいいとされている。ただし産地で取れたばかりのものはあまり赤く血走っていない。

味わい

秋から冬が旬。
関東では子持ちを喜ぶ。
粘液がある。鱗は細かく取りやすい。皮は厚みがあり強い。骨はあまり硬くない。
透明感のある白身で、熱を通しても硬く締まらない。まったくクセのない上質の白身。皮などにゼラチン質がある。

栄養

栄養(カレイ類共通)/脂質が少ない、アミノ酸価が高く特に遊離アミノ酸のタウリンが多い。ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンDが豊富。

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
生食(刺身、カルパッチョ)、煮る(煮つけ、浜いり)、塩焼き、ソテー(ムニエル)、揚げる(唐揚げ、フライ)
アカガレイの刺身刺身 鮮度がよければ刺身にして非常に美味。近年は活魚や活け締めのものも増えているので関東などでも刺身が楽しめる。
アカガレイの煮つけ煮る しょうゆ味で煮てもいいし、少量の塩水で煮て水分を乾煎りする「浜いり(塩いり)」にしても実にうまい。
アカガレイの塩焼き塩焼き
大形のものの塩焼きはごちそうだ。皮に独特の風味うまみがあり、身はしっとりとほどよく繊維質。身離れがいい。
アカガレイのソテームニエル
クセのない淡泊な白身で適度に繊維質であるので、ソテーしてふっくらと仕上がる。ムニエルは絶品。

好んで食べる地域・名物料理

日本各地。
刺身 福井県越前町のアカガレイの漁期は9月から2月。地元の民宿などではこれを刺身にして出す。他にも産地では刺身のおいしさが知られている。[福井県丹生郡越前町、石川県鳳珠郡能登町宇出津]
天神講の焼きがれい 福井では天神講(1月25日)に焼きがれいを食べる習慣がある。この焼きガレイはアカガレイである。近年、アカガレイを「越前がれい」という。[福井県福井市福井中央魚市で聞き取る]
浜いり(はまいり)、塩いり(しおいり) 塩水でゆであげたアカガレイ。やや強めの塩で保存食になる。[石川県加賀市塩屋、福井県坂井市三国町]
子まぶり ゆでた卵を刺身にまぶす。[兵庫県但馬地方]

加工品・名産品


アカガレイの干もの 意外に少ないのがアカガレイの干もの。加工食品にするには値段が高いためだろう。これを福井県では丸干しにしている。
アカガレイの温泉かれい 小振りのカレイを上下に開いて、中骨を取り塩味をつけて干し上げたもの。骨がなくて食べやすく温泉地などの朝食につけるのに適していて、人気が出たもの。これで「温泉ガレイ」となった。福井県、島根県などで作られている。[ヤマヒラ商店 福井県丹生郡越前町]
アカガレイの醤油干し 魚にしょうゆ味を漬け込んで干すのは福井県ならでは。やや淡泊なところにしょうゆの風味が加わってなんともいい味だ。[大沢商店 福井県小浜市]
浜いり 福井県、石川県で作られている。魚を少量の塩水で煮て、一度煮汁を捨て、から煎りして水分を飛ばしたもの。本来は家庭料理であるが、近年では鮮魚店などで作られている。加賀市塩屋

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/合同水産(福井県福井市)、福井中央魚市(福井県福井市)
『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『魚類学 下』(落合明、田中克 恒星社厚生閣)、『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)、『島根のさかな』(島根県水産試験場 山陰中央新報社)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)、『但馬の美味しいお魚図鑑』(たじまの魚 新商品・新メニューの開発チーム 但馬水産事務所)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ