サケ

一般的に「サケ」と呼ばれる種についてのまとめページです。

サケの語源

山形県で揚がる秋味 奈良・平安期よりサケは都に送られていた。「さけ」の語源は「裂く」で古代に地方から送られていたのが、内臓を抜いたサケをいくつかに裂き、切れ目を入れて素干し(塩をしない)にしたもの、もしくは腹を割いて塩をすり込み干し上げた塩引きだったためだと思う。これを「楚割(すわやり)」、「干鮭(からざけ)」という。
 語源はともかく「さけ」の音が生まれ、定着したのは都であって、後に地方にまで波及したと思っている。これはカツオの場合と同じ。地方名が少ない魚はタイを始め、このパターンなのではないかと思っている。
 この「さけ」という言語が生まれたとき、大和朝廷の勢力範囲は他のサケ科の魚の生息域に至っていなかった。ようするに標準和名のサケだけがサケだった。
 春から初夏の「ます(サクラマス)」と、秋から初頭の「さけ」2種が大量の川をのぼってくる魚の代表だったのだ。

「サケ」と呼ばれるもの一覧

印は「サケ」ですがそれ以外はサケの仲間ではありません。

戻る

ページトップへ