新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「リクゼンイルカ」はこちら >>
哺乳動物綱歯クジラ目歯クジラ亜目ネズミイルカ科 リクゼンイルカ(イシイルカ)
Phocoenoides dalli
その他生き物目次
その他生き物目次索引へ魚貝類の呼び名・方言
ぼうずコンニャクが勝手に決める魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
物知り度/★★
■市場では小型鯨として出回っている。量的には少なくない。安価
 北太平洋に分布するイシイルカの体色変化したもの。三陸、北海道沖に棲息するポーパス型のくちばしのない小型の歯クジラである。
 岩手県では秋から冬季にかけて三陸沖で、初夏から夏にかけて北海道で突きん棒漁で捕獲される。これを
■ほおや心臓などは刺身にもできて、とくにほおは美味である。例えば多く見かけるミンククジラとも比肩できそうな上質のアブラを持っていて、トロリと濃厚な味わい。心臓は焼き肉風にしてレバーのような味わいでもっとあっさりしている。
また静岡や山梨にはイルカを食用とする食習慣が今に残っている。そこではまず脂身を炒めて、そこにゴボウ、赤身などを入れて味噌で味をつける。これはなかなか美味なものだ。
●茨城県那珂湊、港前市場
イルカは生で食べることはないのだが、頬の肉には臭みも寄生虫の心配もなく美味
山梨県富士吉田市のスーパーで売られていた岩手県産のイルカの肉。イルカの肉には必ず皮、すなわち脂身が入っている。
山梨県河口湖町高田屋で売られている「いるかゴボウ」



関連コンテンツ