新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「マヒトデ」はこちら >>
棘皮動物門ヒトデ綱マヒトデ目マヒトデ科 マヒトデ
Asterias amurensis
その他の棘皮動物へはここから!
その他生き物目次索引へ魚貝類の呼び名・方言
ぼうずコンニャクが勝手に決める魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
物知り度/★★★
■漁業にとって有害種
 北海道から九州の浅い砂泥地。本種はアサリやハマグリなどを補食する言わば有害種である。ときに大発生してアサリなどに甚大な被害を与える。
 潮干狩りでもお馴染みのヒトデ。大型で目立つので見つけたら観察することをすすめる。砂地にポツリと落ちているかのような星形の生き物が、アサリなどを襲う獰猛な生き物であると言うのも子供に教えたい。
●(写真左)木更津。(写真右)焼津沖水深800メートル前後



関連コンテンツ