新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「アメリカナガウバガイ」はこちら >>
形態◆貝総て加工されての輸入。
●比較のためにウバガイへ
マルスダレガイ科(Veneridae)について◆
国内には76種前後。
食用となる貝は多い。代表的なものはアサリ、ハマグリ、スダレガイ、コタマガイ、ウチムラサキなど。
二枚貝綱マルスダレガイ目マルスダレガイ科
アメリカウバガイ
(漢字/亜米利加姥貝 英名/Atlantic surf-clam)
Spisula solidissima(Dillwyn) 他のマルスダレガイ科へはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていると達人級
食べ方◆刺身(ゆで貝)/酢の物  ○美味
生息域◆アメリカ大陸東岸。カナダからアメリカ南部。
生態◆潮間帯下~水深50メートルの砂泥地。
大きさ◆殻長10センチを超える。
市場での評価・取り扱われ方◆かなり輸入されているようだ。価格は国産の5分の1~8分の1。
漁獲方法◆腰巻き漁法
◆食べてみる◆
 大剥いてゆでた状態で売られている。
 冷凍されているのでパサつくが、適度に甘みがある。
アメリカウバガイの基本◆
■回転寿司の「ホッキガイ」のほとんどは本種。
漢字◆
亜米利加姥貝」。
アメリカ産のウバガイの意味。
呼び名・方言
■市一時期「シロハマグリ(白はまぐり)」として出荷されたことがある
参考/『世界海産貝類コレクション大図鑑』(菱田嘉一 電気書院)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)
■私見。市場魚貝類図鑑データベースから 
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり ●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ