新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ホタルイカモドキ」はこちら >>
軟体動物門頭足綱ツツイカ目開眼亜目
ホタルイカモドキ科ホタルイカモドキ属
ホタルイカモドキ
Enoploteuthis chunii (Ishikawa.1914)
他のツツイカへはここから!
魚貝の物知り度/★ 知っていたら学者
市場での評価・話題◆ホタルイカに混ざってとれるが、少なく独立して食用とはならない。
生息域◆日本周辺域。北西太平洋。ホタルイカよりもやや南に棲息。本州などではホタルイカと生息域が重なる
生態◆調べているところ。
ホタルイカの発光について
ホタルイカの仲間はルシフェリンという発光物質とルシフェラーゼという発酵促進物質を持っており、これが混合することで、ルシフェリン-ルシフェラーゼ反応が起こり発酵する。
大きさ◆外套長(胴体の部分)13センチ前後になる。
漢字◆「蛍烏賊擬」。
由来◆ホタルイカに混ざりとれて、ホタルイカに似ている。
呼び名・方言◆調べているところ
食べ方◆ 茹でイカ

 日本海側でのホタルイカ漁、太平洋側でのサクラエビ漁に混ざってとれる。量は少なく、ゆでホタルイカに混ざって入荷している可能性がある程度。
◆食べてみる◆
 味わいはホタルイカに似て美味。ただしホタルイカの味わいにコクを足すワタがほとんどない。もしくはワタに旨味が感じられない。
●鳥取県岩美郡岩美町網代港 ホタルイカに混ざる。
網代港での皆さん、『浜勝商店』の十九百(つづお)さんに感謝します
●参考文献/『ホタルイカの素顔』奥谷喬司編著 東海大学出版会
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ