新コンテンツはこちら
新腹足目イトマキボラ科 イトマキナガニシ
Fusinus forceps (Perry,1811)
他のイトマキボラ科の貝にはここから!
二枚貝目次巻き貝目次タコイカ(頭足類他)目次軟体類他索引魚貝類の呼び名のページ目次へ!
魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★
■市場に入荷してくることはまずない。やや珍しいもの

刺身
 生息域は熊野灘以南、水深50~100メートルではないか?
 ナガニシよりやや深い砂泥地に棲息する模様。
■大型になるもので画像のものは20センチ前後。貝殻を割り、苦み渋みのあるワタを捨てて刺身などにする。これは美味。

●岩田昭人さん(「一日一魚」の制作者)から



関連コンテンツ