新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ミギマキタテゴトナシボラ」はこちら >>

軟体動物門腹足綱新腹足目エゾバイ科Pyrulofusus属

ミギマキタテゴトナシボラ(migimakitategotonasibora)

魚貝の物知り度

★★★★★ 知っていたら学者級

学名 Pyrulofusus dexius japonicus Habe,Ito&Tanji,1980
外国名 英名/
同科同属 エゾバイ科の他の貝へはここから!
漢字・由来 漢字/右巻竪琴梨法螺
由来・語源/左巻きのナシボラに似て右巻き。肩のふくらみが竪琴(ハープ)を思わせる(?)。
地方名・市場名

釧路から来た荷(箱)にミギマキ。

形態 殻長(貝殻の高さ)20センチ前後になる大型の巻き貝。ずんぐりと丸く肩が盛り上がって丸い。縦方向に畝状の盛り上がりがあり、螺肋(貝殻を周る筋)がはっきりとしている。
生息域 福島県~北海道、千島沖。水深80メートル~180メートル。
生態
一般的評価 関東では市場関係者も知らない貝。
エゾバイ科の食用貝の多くがエゾボラ属とエゾバイ属に含まれる。
本種はどちらにも属さないもの。
水産基本情報 水産物としての重要度/★★ 地域的な水産物
市場での評価/関東への入荷は希だが珍しくはない。見慣れない貝なので大きさの割りに安い。
漁法/底曳網
主な産地/北海道釧路、福島県原釜(相馬市)
雑学
選び方 生きているもの。身がしっかり硬く、痩せていないもの。
味わい・栄養 旬は不明。
足を食べる。
まったくクセのない味わいで甘みがある。
食感はエゾボラなどに比べるとやや柔らかい。
内臓はクセがなく、旨みがある。
調理法 刺身、水貝、酒蒸し
食べ方 刺身はなかなかうまい。
ややエゾバイ科としては柔らかいが、甘みがあっていい。



これを昆布だしで水貝にしてもいい。
水貝は昆布だしに塩味をつけて、氷で冷やし、刺身状の足の食感と旨みを楽しむもの。
酒蒸しにしてもなかなかうまい。
すしネタとしては寿司図鑑へ!
好んで食べる地域
加工品・名産品
釣り
参考文献・協力 『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
八王子総合卸売センター『高野水産』



関連コンテンツ