新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「クビレバイ/灯台つぶ」はこちら >>
腹足綱前鰓亜綱真腹足目エゾバイ科エゾバイ属 クビレバイ/灯台つぶ Buccinum opisoplectum
エゾバイ科の他の貝へはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
物知り度/★★★
■厚岸などから頻繁に入荷する
煮物/刺身/焼き物
 日本海とオホーツク海。
 市場に「灯台つぶ(トウダイツブ)」という名で入荷するのは本種、ヒモマキバイ、オオカラフトバイとシライトマキバイである。なかでも種の実体が把握できないのが本種。写真のものは島根県産。厚岸や根室からは見られないタイプであり、「日本近海産貝類図鑑」の写真図版に近いことから掲載してみた。

■これらは煮つぶにするのが本来の食べ方であるようだ。煮て柔らかく、ワタもうまい。刺身はやや可食部分が少ない以外は、まったく他のつぶにひけをとることはない。大形のものなら刺身も考えたいつぶである。
●島根県平田市産
●灯台つぶについて



関連コンテンツ