新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ヒレエゾボラ」はこちら >>
特徴/オホーツク海に面した港から入荷してくる。産地が重要。殻皮を取り除くと貝殻が陶器のような透明感がある。螺肋(貝殻にある筋)はほとんどなく、成長脈(肩の張った部分)が盛り上がりときに割れて薄い板状になっている。画像のものは稚内産。
腹足綱前鰓亜綱真腹足目エゾバイ科
ヒレエゾボラ
Neptunea varicifera
(Dall,1907)

他のエゾバイの仲間へはここから!
物知り度/★ 知っていたら学者
市場での評価・取り扱われ方◆入荷は非常に少ない。大型になるので高い。貝の収集の対象
生息域◆オホーツク海、ベーリング海に棲息する。
大きさ◆ 殻長(貝殻の高さ)20センチ前後になる
漢字◆「鰭蝦夷法螺」。
呼び名・方言◆調べているところ
食べ方◆ 刺身
注意◆身足の付け根、唾液腺にテトラミンという毒性分を持っている。食べるときには取り除くこと

 関東の市場では一度しか見ていない。食用と言うよりも貝の収集の対象となる。

◆食べてみる◆
 大型の貝であり、身がたっぷりとれる。身質はやや柔らかく、旨味甘みがあり刺身でうまい。
身の取り出しかた。唾液腺の除去、刺身の作り方はここから!
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●北海道稚内産
●同定には『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、
『北の貝の仲間たち』(樋口滋雄)を主に使用した



関連コンテンツ