新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ナミマツカサ」はこちら >>
キンメダイ目イットウダイ科アカマツカサ亜科アカマツカサ属 ナミマツカサ Myripristis kochiensis Randall and Yamakawa
他のキンメダイ目の魚へはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★★
■関東の市場には非常に希に入荷。主に産地で消費される

生息域◆伊豆半島以南の岩礁域。
大きさ◆ 25センチほどになる。
漢字◆並松毬」。
呼び名・方言◆和歌山県串本市では「きんとき」
食べ方◆ 刺身/塩焼き/鍋物(煮つけ)

 国内でも温暖な地域でとれるもの。アカマツカサの仲間はウロコが硬く小型なので、利用価値は低いとされる。
注/イットウダイ科の魚の同定は難しい。左にナミマツカサと確定したポイントを上げておく。
■小振りでウロコが硬い上に、頭が大きい。残念ながら歩留まりは最低である。ところがウロコを取り去れば上質の白身魚となる。刺身で味があり、上品。塩焼きにしても美味。ときに鍋物にもなる。またはらわただけ取り去り、ウロコつきのまま焼くと身が蒸されたようになる。これも美味だ。
●和歌山県串本市出口水産
胸ビレの裏側、基部にはウロコがある
下あごには2つの歯の集まり(歯塊)がある
←小魚なので適当にヘギ作りにした刺身。思った以上に旨味がありうまい



関連コンテンツ