新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ヒウチダイ」はこちら >>
キンメダイ目ヒウチダイ科ヒウチダイ属 ヒウチダイ Hoplostethus japonicus Hilgendorf
他のキンメダイ目の魚へはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★★
■関東の築地などにはほとんど入荷することはない。深海底引き網漁が行なわれる地方で食用とされる。非常に美味。また年々高価になっていく
漢字◆「燧鯛」。体形が江戸時代の発火用の燧石(ひつちいし)をいれる袋に似ているため。参考/『魚と貝の事典』望月賢二 柏書房
食べ方◆ 刺身/蒸しもの/鍋物/干物(塩焼き)/唐揚げ

 東京湾以南の太平洋側に棲息している。
 ヒウチダイは底引き網の盛んな沼津では「あぶらごそ」と呼ばれ、うまいことから人気がある。ちなみに、ただ「ごそ」と呼ばれているのはハシキンメであり、「うまいのはTあぶらUです」とは沼津魚市場の方達。ハシキンメもかなり美味なのであるが、それを上回るということか?
■鮮度がよければ、刺身は一級品である。ほんのり甘味があって噛み締めると脂がにじみ出してくる。これはまた寿司種としても最上。塩焼きにしても煮つけにしてもとてもうまい。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●沼津魚市場 山丁 菊貞 菊地利雄
ヒウチダイとマルヒウチダイの見分け方
ヒウチダイ
尾ビレの後ろの部分が黒い
マルヒウチダイ
尾ビレの後ろは黒くならず、一様に赤い
沼津の魚簡単索引
ヒウチダイ
あぶらごそ
マルヒウチダイ
あぶらごそ
ハシキンメ
ごそ



関連コンテンツ