新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「コクチフサカサゴ」はこちら >>
スズキ系カサゴ目カサゴ亜目フサカサゴ科フサカサゴ属  コクチフサカサゴ Scorpaena miostoma
他のフサカサゴ科の魚へはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★★
■市場には稀に入荷。値段や評価はマチマチ
生息域◆千葉県から九州、釜山にまで棲息。
大きさ◆20センチほどになる。
漢字◆「小口総笠子」、「小口総瘡魚」
呼び名・方言◆関東の市場では単に「かさご」
食べ方◆ 刺身/鍋/煮つけ/塩焼き

 カサゴ科の中では小型種なので、あまり人気があるとは言えない。また近縁のフサカサゴと区別されることなく取り扱われている。
釣り◆ 東京湾などで釣りの対象として人気がある。神奈川県猿島周りでは周年カサゴ釣りの乗り合い船が出るが、この比較的浅い場所で釣れるのがカサゴとこの2種。船宿ではこの朱色のカサゴの味がいいと釣果(釣れたもの)を見ては釣後の話しに花が咲く。
■小振りなので歩留まりが悪く、無駄なく食べるなら煮つけがいい。ただ刺身にしてもいい味わいで、捨てがたいもの。

寿司に関しては寿司図鑑へ!
●静岡県沼津市沼津魚市場
コクチフサカサゴ(上)とフサカサゴ(下)の比較
コクチフサカサゴ
体高、横から見たときの幅があまり広くない。口は小さい。測線上に皮弁(布状に伸びた皮)がない。側線は胸ビレの上で緩やかに沈み込む
フサカサゴ
体高、横から見たときの幅が広い。口はやや大きい。測線上に皮弁(布状に伸びた皮)がある。側線は胸ビレの上で急激に沈み込む
コクチフサカサゴ
口の後端は目の後端よりもずっと先端よりにある
フサカサゴ
口の後端と目の後端がほぼ同じ位置



関連コンテンツ