新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「モズク」はこちら >>
褐藻類ナガマツモ目モヅク科 モヅク/モズク  Nemacystis decipiens (Suringar) Kuckuck
海藻の目次へ

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
物知り度/★★★★(一般的なモズク)
物知り度/★★(種としてのモヅク)
■市場でモズクとして売られているものではもっとも高価なもの。入荷量は決して多くない
漢字◆「水雲」
食べ方/酢の物/みそ汁/天ぷら
 太平洋中南部、瀬戸内海、九州、日本海沿岸。
 低潮線周辺のホンダワラ類に絡まる。ホンダワラではヤチマタモクに絡まることが多いのだというが、今回のものはマメダワラについていた。
 晩春から初夏にかけてが旬。フトモヅク、イシモヅクとは違ってより細く粘り気があり、細く団子状になりやすい。
 一般的に和名のモヅクは「もずく」と書かれる。これは広辞苑にもあり「もくず」、すなわち藻屑の音の変化したものだろうか? 「もぞこ」、「もうぞこ」と書かれることもあるようだ。和名のモヅクは「藻着く」という意味合いだろう。

■市場には乾物、もしくは冷凍、生などで入荷してくる
。生の物は晩春から初夏に多いように思える。とれ始めのモヅクを「花もずく」と呼ぶ。
生のものはさっと湯通しして刻み三杯酢というのが美味。他には天ぷらにもなる。
●広島県倉橋島産。倉橋島の「日美丸」平本勝美さんから
●同定他/千葉県立中央博物館海の博物館 菊地則雄



関連コンテンツ