新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「オキナワモズク」はこちら >>
褐藻類ナガマツモ目ナガマツモ科 オキナワモヅク Cladosiphon okamuranus
海藻の目次へ

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
物知り度/★★★
■一般に見られる、市場でもっとも入荷の多いモヅク
漢字◆「沖縄水雲」
酢の物/みそ汁/天ぷら
 西南諸島。
 今、「もずく」のほとんどが本種となっている。沖縄での養殖されたものが大量に入荷してきている。その生産量は15万トン以上とも言われ、本来のモヅクが希少であることからも「もずく」は沖縄産というのがますます一般化している。
 生の他には甘酢につけたパックや、インスタントのおかゆなどにも入っている。

■標準和名のモヅクが細く、粘質であるのに比べて、本種は太くて粘り気が少ない。味わいからすると、モヅクよりも落ちる。ただし太くて粘りけが少ない分、あっさりとして食べやすいとも言えそうだ。



関連コンテンツ