新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「セイヨウハバノリ」はこちら >>

植物界褐藻植物門褐藻綱カヤモノリ目カヤモノリ科ハバノリ属

セイヨウハバノリ(seiyouhabanori)

魚貝の物知り度

★★★★★ 知っていたら学者級

ハバノリ、かしかめ

学名 Petalonia fascia (O. F. Muller) Kuntze
外国名 英名/
同科同属 海藻の目次へ
漢字・由来 漢字/西洋羽葉海苔
由来・語源/鳥の羽のような形の葉をしたノリという意味。西洋は大西洋にも生息するから。もしくは模式標本が大西洋のものであるためか。
代表的な呼び名 ハバノリ
地方名・市場名

静岡県伊豆ではハンバノリ(はんば海苔)。
島根県出雲地方でカシカメ。

形態 幅6~12センチ、幅1.5~2.6センチになる。
生息域 海水生。日本各地沿岸。朝鮮半島、シナ海、マレー半島、ポリネシア、アメリカ太平洋岸、インド洋、大西洋。
潮間帯下部の岩や杭。
生態
基本情報

ハバノリとセイヨウハバノリは厳密には区別しない。
11月下旬から春までとれる。秋から初冬までのものを上ものとする。
基本的に葉を刻まないで干す地域が多く、そのままで干す地域は少ない。
あぶって食べるもので、醤油をかけてご飯にのせて食べるのが基本。
島根県などでは板海苔状に加工している。
徳島県、島根県、三重県などで養殖の研究が進む。

水産基本情報 水産物としての重要度/★★ 地域的な水産物
市場での評価/希に乾物として入荷してくる。高価。
漁法/採取
産地/日本各地
ノート
選び方 乾製品の場合、よく乾燥している。触ってごわごわとしたものはダメ。干し上げた葉の小さいものがよい。
味わい・栄養 ★★★★ 非常に美味
寄生虫
すしネタ 海苔巻き。
すしネタとしては寿司図鑑へ!
調理法 生/湯通し、みそ汁
乾物/あぶる(ご飯、餅)、汁(雑煮)

食べ方
湯通し◆軽くゆでて酢のもの、ドレッシングをかけて食べるもの。柔らかく磯の香りもほどほどあり美味。
みそ汁◆ワカメ同様にみそ汁の具にして、適度な海藻らしい食感とうま味がある。
乾物

かしかめあぶり

あぶる◆家庭ではオーブントースターなどを利用するといい。オーブントースターはあらかじめ熱しておき、台にのせて、2秒前後あぶり、様子をみる。鈍い緑、もしくは褐色のものが緑色になる。鮮やかな緑になる場合とならない場合があるが、香りと触った感触で焼き上がりを判断する。合計10秒から15秒くらい。2秒前後ずつあぶるのが基本で、それ以上長く一度に焼くと失敗する。

かしかめ飯

これをご飯にかける、餅を包むと美味。
雑煮◆鰹節だし、醤油味、味噌味の汁を焼いた餅を入れた椀に満たす。ここにあぶったハバノリをもんでかける。
調理法などはハバノリと共通。
好んで食べる地域 はば雑煮/千葉県、神奈川県などで雑煮の上からあぶった「はば」をのせる。「はば」の香りを楽しむもの。
はば飯、かしかめ飯/千葉県、神奈川県、静岡県、三重県、島根県など。板状にして干したハバノリを軽くあぶって、醤油をかけ、ご飯にのせたもの。
加工品・名産品 はばのり(はば)/千葉県、神奈川県、静岡県では原藻を広げて干し、束ねて売る。
かしかめのり/島根県出雲地方ではハバノリ、セイヨウハバノリを刻むか、そのまま干す。岩海苔(ウップルイノリ)混じりのものもある。生産量は少ない。
釣り 冬季にメジナ、ブダイ釣りのエサに利用されている。
参考文献 協力/島根県出雲市「出雲市わかめ養殖研究会」、島根県水産技術センター
『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)



関連コンテンツ