新コンテンツはこちら
全体に橙色(オレンジ)。背鰭の縁が緑ががかっている。体側に暗色の帯が見られる
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
スズキ目ハゼ亜科ハゼ科ヨシノボリ属
トウヨシノボリ
Rhinogobius sp.OR
他のハゼ亜目の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★ 知っていたら学者級
食べ方◆佃煮/唐揚げ
○美味
大きさ◆7センチ前後になる
生息域◆北海道から九州。朝鮮半島。
生態◆
産卵期は初夏から夏。
岩などに産みつけた卵を雄が保護する。
海と河川を上り下りする両側回遊。
市場での評価・取り扱われ方◆■佃煮などの加工原料。鮮魚として出回ったものは見ていない。
カワヨシノボリの基本◆
■四国などでは加工用(佃煮用)などのために漁が行われている。河川での代表的な魚のひとつ。
漁獲方法◆手網/すくい網
吉野川水系では木枠にネットを張った独特の網でつかまえる。
漢字◆「橙葦登」。
由来◆橙色のヨシノボリの意味。
呼び名・方言◆各地で「ごり」。
◆食べてみる◆
 佃煮にしたり、みそ汁に入れたり。
 大きくなったものはやや骨が硬いので唐揚げにする。
 そのどれもがうまい。
●埼玉県産
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本の淡水魚』(川那部浩哉、水野信彦 編・監修 山と渓谷社)
■私見
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ