新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ジュズカケハゼ」はこちら >>

顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
スズキ目ハゼ亜目ウキゴリ属

ジュズカケハゼ(juzukakehaze)

魚貝の物知り度

★★★★★ 知っていたら学者級

学名 Gymnogobius laevis (Steindachner)
外国名 英名/Chestnut goby
同科同属 他のハゼ亜目の魚へはここから!
漢字・由来

漢字/数珠掛鯊
由来・語源/体側に数珠を掛けたような縞模様があるため。
ハゼの由来・語源
■「古語には濁点がなく〈はせ〉であったはず。陰茎を〈はせ〉〈はせお〉といった。陰茎に似た形の魚」。
■「『弾塗魚』は良くはねる。〈はぜる〉魚の意」。
■「すばやく水中を駆ける魚であるから『馳せ(はせ)』が「はぜ」になった。

代表的な呼び名  
地方名・市場名

 

形態 体長5センチ前後になる。体側などに目立った斑紋はない。産卵期雄は黄色い横縞が出る。
生息域 河口域、汽水域。宮城県以南の太平洋側。
生態 一生を淡水で生きる。
トンネル状の巣穴を掘り、産卵期は春。
基本情報

利用法などは不明。
古くは佃煮などに利用されたこともありそう。

水産基本情報
ノート
選び方
味わい・栄養
切り身、下ろした状態の図鑑
寄生虫
すしネタ すしネタとしては寿司図鑑へ!
調理法
食べ方
好んで食べる地域  
加工品・名産品  
釣り
参考文献 『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、
『日本の淡水魚』(川那部浩哉、水野信彦 編・監修 山と渓谷社)



関連コンテンツ