新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ビリンゴ」はこちら >>

顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
スズキ目ハゼ亜目ウキゴリ属

ビリンゴ(biring)

魚貝の物知り度

★★★★★ 知っていたら学者級

学名 Gymnogobius castaneus (O'Shaughnessy)
外国名 英名/Chestnut goby
同科同属 他のハゼ亜目の魚へはここから!
漢字・由来 漢字/微倫吾。
由来・語源/福岡県博多での呼び名。
代表的な呼び名 ゴリ
地方名・市場名

一般にゴリ。
カジカ、カワギス、グズ、ゴロハゼ、ダボ、ハラジロ。

形態 体長7センチ前後になる。うっすらと黄色い横縞が浮き上がって見え、産卵期の雄は黄色い横縞が出る。



頭部に眼上に感覚器の開孔部分がある。
生息域 淡水・汽水域。北海道、本州、四国、九州。サハリン、朝鮮半島。
河口域のある河川に生息する。
生態 群れを作り中層を泳ぐ。ユスリカ、カゲロウなどの幼虫をエサとする。
産卵期は1~6月。北にいくほど遅い。
河口付近の砂泥地に穴を掘るか、他の生物が掘った穴に産卵。
雑食性。
基本情報

秋田県、青森県、北海道などからくるもので「ごり」と呼ばれる事が多い。
関東、北陸などに入荷してくる小型のハゼではもっとも見る機会の多いもの。
ただし量的にはそれほど多くなく、料理店などで細々と使われている。
また都内では佃煮などに加工されていそうだ。
産地でも佃煮などに加工されている。

水産基本情報 水産物としての重要度/★★★ 重要性は平凡
市場での評価/主に佃煮原料。関東の市場にはもっともたくさん入荷してくるもの。値段はやや高値で安定している。
漁法/
産地/北海道、青森県、秋田県
ノート
選び方
味わい・栄養 ★★★★ 非常に美味
旬は秋から冬。
小型の方が味がいい。
骨が柔らかく、クセのない味。
煮崩れしないのもいい。
切り身、下ろした状態の図鑑
寄生虫
すしネタ すしネタとしては寿司図鑑へ!
調理法 佃煮、唐揚げ、小型はかき揚げ、みそ汁
食べ方
佃煮◆醤油、みりん、酒、砂糖に少量の水分で短時間煮上げる。水飴を使った市販品と比べると段違いにうまい。



唐揚げ◆水洗いして、丸のまま素揚げ、片栗粉をつけてじっくりかりっと揚げる。香ばしくて、はらわたがほんのり苦くて美味。
かき揚げ◆夏に出る小型のものはそのまま水洗いし、野菜と合わせてかき揚げにしてもいい。



みそ汁◆水洗いして、昆布と一緒に水に入れて沸騰させて、アクをすくい、みそを溶かす。アクをよく取ることがコツ。
好んで食べる地域 石川県、秋田県、青森県、東京都
加工品・名産品 佃煮/青森県、秋田県、石川県、東京都などで佃煮の原料にしている。
釣り
参考文献 『日本の淡水魚』(川那部浩哉、水野信彦 編・監修 山と渓谷社)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『大言海』(大槻文彦 冨山房)、『北九州の淡水魚』(北九州市立自然史・歴史博物館)



関連コンテンツ