新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「アミモンガラ」はこちら >>
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
フグ目モンガラカワハギ科アミモンガラ属
アミモンガラ
Canthidermis maculata (Bloch)
他のフグ目の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人
食べ方◆ムニエル/フライ/煮つけ/干物/刺身?
市場での評価・取り扱われ方◆市場にはとつぜん大量に入荷してくる。多くは頭を切り落とし、皮を剥いた状態でくる。
生息域◆北海道南部以南、全世界の温帯域、熱帯域。
生態◆沖合の表層を流れ藻などと回遊している。ときどき大量に岸に近づき、定置網、巻き網などに入る。
大きさ◆
30センチ前後になる
漢字◆「網紋殻」。
由来◆網模様のあるモンガラカワハギの意。田中茂穂の命名。
呼び名・方言◆調べているところ

 入荷はある日突然に大量にくる。関東では銚子からのものを見かける。ほとんど商品的価値を認められていないが、食べ方によっては美味なので、積極的に利用すべきだ。

◆食べてみる◆
 上品な白身。ムニエル、フライなどにして美味。
 鮮度さえよければ刺身にもなるがあまりうまいとは思えない。
 むしろ塩焼き(干物)、煮つけがいい。
●参考/WEB魚図鑑、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)、同定は基本的に『日本産魚類検索 全種の同定 第二版)
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
荷の状況
関東の市場には頭をとり、皮を剥いた状態でくる。今のところ、丸では見ていない。たぶんとれるのが非常に短期で、しかも大量にまとまるので、出荷のために無駄な部分を取り去るのだろう。また知名度がなく非常に安い。



関連コンテンツ